トイレのつまりに尿石除去剤デオライトL|効果を徹底解説

尿石除去剤デオライトL トイレつまりの直し方

トイレの「つまり」っていつ起こるかわからないから、つまってからではとても大変です。普段からトイレがつまらないように、日々の掃除をしっかり行わなければいけませんが、忙しい毎日では、なかなか時間がありません。

トイレのつまりにはさまざまな原因がありますが、今回ご紹介したいのが、強い尿石にも効果を発揮する「デオライトLです。つまったトイレにも効果的なデオライトLを定期的にトイレの掃除に使用することで、つまりの原因を取り除くことができます。

デオライトLでトイレのつまり解消

トイレのつまりは、その原因に合わせて解消法を選ぶことが大切です。つまりの原因は主に3つあます。1つ目が「大きな不溶物を流した」、2つ目が「トイレ自体の破損や故障」、3つ目が「日々の汚れの蓄積」です。

デオライトLが利用できるトイレのつまりには、3つ目の「日々の汚れの蓄積」が有効で、デオライトと言う化学薬品の力によって、汚れを溶かして、洗い流してくれます。

そもそもデオライトってなに?

デオライトは、和協産業株式会社から販売されている商品で、尿石を溶解するために開発された化学薬品の「洗剤」です。トイレに使う洗剤には、その用途によって、「中性洗剤」、「酸性洗剤」、「アルカリ性洗剤(塩素洗剤、漂白剤)」の3種類があり、つまりの原因、汚れの種類によって使い分けが大切です。その中でデオライトは「酸性洗剤」になります。酸の力で強力に汚れを溶かしてくれる液体洗剤です。

メーカーの開発努力によって、高い尿石溶解作用を保ちながら、「医薬用外劇物」に指定されていない、環境にやさしい洗剤です。

デオライトで落とせるトイレの汚れ

トイレのつまりの内、日々の汚れの原因には、大便のかす、小便による尿石、黄ばみ、黒ずみ、カビ、髪の毛、小さなゴミ、嘔吐物、トイレットペーパーのかすなど、実にさまざまです。

酸の力で汚れを落とすデオライト、効果がある汚れは、尿石、黄ばみ、水垢などです。それだけ?と思うかも知れませんが、とても大切です。トイレの便器や排水管に尿石が蓄積し、こびり付くことで、つまりのきっかけとなり、さまざまな汚物がヘドロ状になって蓄積していくからです。

デオライトLは、トイレの尿石と強力に溶かして、便器や排水管をきれいにしてくれるだけでなく、悪臭の原因となるアンモニアを分解して臭いのもとを絶ってくれます。

つまりのきっかけとなる尿石ってなに?

デオライトは、強力な尿石除去剤として人気があります。では、尿石となんでしょうか?

人の尿には、カルシウムイオンが多く含まれています。カルシウムと言えば、歯や骨の材料になることはご存知だと思いますが、トイレでは、カルシウムが便器や排水管に付着するとどんどん固形化していき、尿石となってこびり付きます。歯や骨と同じ成分なのでブラシなどでは取り除けない頑固な汚れとなることがあります。

このこびり付いた尿石にアンモニアや大便、トイレのかすなどがこびり付いて、カビの繁殖や黒ずみ、ヘドロ、悪臭の原因になります。

入れたら危険、混ぜたら危険な薬剤

デオライトは強力な酸性洗剤で、商品ボトルに「まぜるな危険」と大きく印字されています。これは、他の薬品と混ぜると人体に有毒なガスを発生するためです。

混ぜてはいけない洗剤としては、トイレ用洗剤の内、「塩素系・漂白剤」と呼ばれる種類の薬品です。塩素系洗剤には、ハイターやブリーチと呼ばれる商品が有名で、その他にも「カビキラー」などが知られています。

酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜたことによる死亡事故もあったので、絶対に他の洗剤と混ぜたり、一緒に使用したりするのは止めましょう。

デオライトLを使ったトイレ掃除

デオライトでトイレつまりを直す方法_TT

デオライトLは、トイレのつまり解消と、定期的なトイレや排水管清掃のどちらにも使うことができます。ここでは、特にトイレがつまった時の正しいデオライトLの使い方について解説していきます。安全に使用するためにしっかり確認してください。

用意するもの

トイレのつまりを解消するために、まず準備した用具は、バケツ、汲み取り用の柄杓(又は灯油ポンプなど)、新聞紙、トイレ用ブラシやトイレシートです。次に自分の身を守るために、「ゴム手袋、エプロン、マスク、三角巾、防護メガネ」を用意しましょう。

デオライトLは頑固な尿石を溶かすために作られた商品であるため、酸性の力が強くなっています。皮膚に付けば肌が荒れますし、口に入ればただれます。また、目に入った場合、視力低下や失明する危険性もありますので、しっかり自分の身を守る用意をしましょう。

デオライトLを使用する前のトイレの準備

デオライトLが周囲にこぼれても大丈夫なように、トイレの便器の周りに新聞紙を敷いて養生します。また、便器内に水が貯まっている場合、デオライトLがうすまり効果が半減するので、柄杓や灯油ポンプなどを利用して、便器内の水を汲み取ります。

掃除の仕方

デオライトLの使い方について、協和産業株式会社のホームページを参考に解説していきます。清掃場所は、トイレの便器と排水管の2種類がありますが、どちらも基本的には同じですので、ここでは、トイレの便器について紹介します。

  • 便器内に水が貯まっていたら、抜き取ります。
  • トイレの扉を開け換気しながら作業を開始します。
  • 「デオライトL」を汚れのひどい部分に直接かけます。また、トイレのつまりを解消する場合、便器内の排水管につながる部分に約250g程度流し込みます。デオライトLは、家庭用として1kgで販売されているので、1/4程度を排水管に流します。
  • そのまま、15分~30分程度放置します(便器内の尿石の除去には、ブラッシングが有効です。)
  • 最後に、バケツ1杯程度の水を便器に入れて、排水してください。排水の具合を見て、つまりが解消されているか確認します。
  • 強力なつまりや尿石には、一連の作業を繰り返し行うことで、より効果的です。

注意点

  • 作業中、皮膚や目、口にデオライトLや汚物が入った場合は、すぐに水で十分に洗い流し、異常がある場合は医師の診断を受けましょう。
  • 小さな子どもの誤飲や遊ばないように手の届かない場所に保管しましょう。
  • 直射日光は酒、高温になる場所には置かないようにしましょう。
  • タイル目地やコンクリート、金属面にデオライトLが付着した場合は、腐敗や変色、サビの原因になるので、しっかりと洗い流してください。
  • 塩素系・漂白剤の薬剤とは一緒に使わない、混ぜないでください。有毒な塩素ガスが発生し、人体が危険にさらされます。

デオライトの種類と用途

協和産業では、さまざまなデオライト商品が販売されており、デオライトLはそれら商品の1つです。では、そのほかにはどのような商品があるのでしょうか?それぞれの商品の特徴を次にまとめてみました。トイレのつまりの解消や汚れの清掃に利用してください。

デオライトL

酸性液状タイプで、医薬用外劇薬には指定されていません

「デオライトL」は、尿石による頑固なトイレの詰まりや悪臭を解消する強力な洗浄剤です。

デオライト

酸性液状タイプで、医薬用外劇薬に指定されています。

「デオライトL」よりも強力に、尿石や悪臭を解消することができます。強力な洗浄剤ですので、作業中は注意して使用してください。

デオライトSS

酸性液状タイプで、医薬用外劇薬に指定されています。

排水管に付着した尿石にも強力に作用して、洗浄してくれます。防錆防食剤が配合されており、排水管の防錆効果があります。

デオライトSP

酸性液状タイプで、医薬用外劇薬に指定されています。

デオライトやデオライトSSよりも、さらっとした液体で、その分、排水管の奥まで、素早く到達することができます。デオライトSSと同様に防錆防食剤が配合されています。

まとめ

デオライトLは、家庭用だけでなく、業務用の排水管尿石除去剤として、広く利用されています。そのため、尿石と溶かす力や、アンモニアを分解する能力がとても強く作られています。そのため使用方法を正しく理解してから安全に使いましょう。

配管清掃などは、月に1度くらいの頻度で定期的に行えば、トイレのつまりの原因を事前に取り除くことができるので、おすすめします。もし、デオライトLを試してもトイレのつまりが解消できない場合は、別の方法を試すか、専門の水周りの業者を呼びましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

デオライトLでトイレのつまり解消に関するよくある質問

デオライトLで尿石が除去できなかった場合どう対応すべきか?

デオライトLは強力な尿石除去剤なので、繰り返し使用しても尿石が取れない場合は業者に依頼したほうがいいです。
デオライトLの使い方はこちら

薬剤で直せないトイレつまりの種類を教えてください。

固形物のつまり、大量の紙づまり、排水管内でのつまりなどは薬剤で直せません。

デオライトL以外におすすめの道具を教えてください。

ヘドロ、髪の毛、その他の異物、頑固な詰まりなどはワイヤブラシもしくは高圧洗浄機が対応できます。また、トイレットペーパー、水溶性の紙類、排泄物などによるつまりは食器用洗剤や重曹・お酢が対応できます。

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。

トイレ小便器のつまりの予防方法を教えてください。

定期的な掃除が必要です。男性用トイレの小便器は、尿石が溜まりやすいので、日常頃から小便器の中に尿石防止の薬などを置いておくのがおすすめです。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!