トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

トイレつまりの直し方完全マニュアル トイレつまりの直し方

トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。

毎日の生活で、トイレは欠かせない場所です。いつでも快適に使えるといいのですが、トイレにおけるトラブルはどの家庭でも多くあります。一番多いのは、「トイレつまり」です。トイレ詰まりは急に起こってしまう為、実際にトイレつまりになるとパニックに陥ることも。早くトイレつまりを解消したいが故に、的外れな対応をしてしまうケースが多いのです。

トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。そして今後再びトイレつまりを起こさないために、予防することも大事なことですよね。原因がわからない時は最終手段で、業者におまかせしなければなりません。

そこで今回は、トイレつまりに関わる前兆から、原因、解消、予防、業者の選び方についてお伝えします。

トイレつまりの直し方(完全マニュアル)

  • トイレつまりの症状
  • トイレつまりの原因
  • 【初心者編】トイレつまりの直し方(解決法)
  • 【応用編】トイレつまりの直し方(解決法)
  • 業者にトイレつまりを依頼する時に大事なこと
  • トイレつまり予防法

トイレつまりと言っても、様々なパターンがあります。トイレの症状に合わせて上記の方法を試してみてくださいね。

トイレつまりが起こる症状(前兆)とは

トイレつまりが起こる症状は、2つのパターンがあります。

  • 何か大きな固形物を落とした場合
  • 自然と徐々に「つまり」が進行していく場合

このような症状を早めに発見して対処しておくと、後々になって後悔してしまう深刻なトイレつまりを起こさずに済むことができます。

固形物がトイレにつまった!トイレつまりの対処法
固形物がトイレつまりの原因の対照法を軽度・重度に分けて、さらに固形物のトイレつまりの予防法をご紹介します。落ちたものが見えているのであれば、ゴム手袋などをして早めに取る。落ちたものが見えてない場合、ラバーカップを使って2~3回くらいで試してみる。ラバーカップで解消できないと感じたら、すぐに業者に依頼する。

トイレは日常生活において頻繁に使う場所ですので、トイレつまりや水漏れなどのトラブルが起きやすいのです。トイレつまりなどでトイレができない状態は、水回りのトラブルの中で一番厄介なトラブルと言えるでしょう。

業者に頼まずに自分でトイレのトラブルを解消できれば、出費を抑えることができます。そして、迅速な対応ができるでしょう。トイレつまりを解消する方法として連想できる方法として、ラバーカップ(スッポン)を使用することです。ですが、この方法で解決しない場合は深刻なトイレつまりが発生していると思って良いでしょう。

ではトイレつまりの症状(前兆)について、詳しく見ていきましょう!

症状①水はタンクから正常に流れるが便器の流れが悪い!

この症状があると、要注意!軽度のトイレつまりと言えます。例えばトイレで水を流した際、タンクからは正常に水は流れてくるが、便器での流れが悪かったり、水の流れの時間が少しかかったり、一旦便器の水の水位が上がるなどの現象です。

これらは、便器または排水管に異物が水の流れを妨げています。このような状態は、水は流れているので放置しがちですが、ほったらかしにしているとトイレつまりを悪化させてしまう可能性があります。この状態が進行すると、次の症状に発展していきます。

トイレの水が流れない原因と対処法・予防法
トイレの水が流れないときの原因と対処法、予防法をご紹介します。原因はレバーに繋がっているチェーン、排水レバーと連動しているフロートバルブ、タンク内の給水を行うボールタップが多く、対処法はトイレの水が流れなくなったら、タンク内を確かめる。トイレタンク内の水が有無で対処法が違うことトイレタンク内の水があれば、タンク内のチェーンとフロントバルブかキチンと作動するか点検する。トイレタンク内の水がなければ、止水栓を確認する。止水栓が閉まっていれば開けること。
汚水管・排水桝のトラブルによるトイレつまりの原因と症状
汚水管によるトイレつまりの原因や症状、また解消法のやり方をご紹介。トイレつまりには様々な原因がありますが、汚水管によるトラブルも少なくはないのです。汚水管が原因でのトイレつまりとなると、業者に依頼したほうが…と思いがちですが、状況を見て自分でできる解消法もあります。

症状②水を流した時に水位が高くなる!

水を流した際、流れにくく次第に水位が上昇してしまう症状のことです。この状況がトイレつまりの典型的な例です。この症状は、便器の中や便器の奥の排水管に異物が詰まっている可能性が高いです。

このような場合は、一度上昇した水位の様子を見ましょう。水位が下がるようなら異物と排水管の間に隙間があり水が流れているという事です。水位が変わらないのであれば、完全につまってしまっているということになります。

トイレつまり時の修理方法~流れが悪い・水位が上昇する時
トイレのつまりは、すぐにつまる場合と徐々につまる場合の2つがあります。徐々につまる場合でも、すぐに対処しないと後々大きなトラブルとなってしまいます。トイレの修理はDIYの好きな人であれば簡単に行うことが出来ますし、やったことがない人でも行うことが出来ます。
トイレつまりで水位が低くなる・高くなる原因と対処法
トイレつまりで水位が低くなる・高くなる原因と対処法をご紹介します。便器内の水位が高くなる原因。便器内の水位が高くなったときの対処法。便器内の水位が低くなる原因。便器内の水位が低くなったときの対処法。水位はトイレのつまりを早い段階で発見するためにとても大切なのです。

症状③タンクからの水流が少ない!

トイレの後、水を流してみると水の勢いが弱いと感じたら、本来流れるべきものがしっかりと流れていない事はありませんか?このような場合、水をためているタンク側に原因がある場合が多いのです。便器に問題があることはほとんどありません。

トイレの流れが弱い時の原因と対処法|流水量の調整方法
トイレの流れが弱い時の原因と対処法をご紹介します。トイレの流水量が少ない状態をそのまま放置しておくと、他の大きなトラブルを招いてしまうこともあるのです。トイレの流水量が少ない、水の勢いが弱い原因は様々なので、きちんと原因をはっきりさせて適切に対処をすることが重要です。

水洗トイレの仕組み

水洗トイレの仕組みは、便器へ流す水を一旦溜め込んで水を流す際レバーを引くことで便器に水が流れ込む仕組みになっています。タンクの水が弱いということは、タンクに基準の水位が溜まっていない、もしくは水を流した時に、タンクから便器への水の流れを妨げている何かがある可能性が高いということです。これらはトイレつまりを起こす直接的な原因ではありません。ただ、汚物を流すための水圧が足りずjに排水管や便器内部でつまりを起こす危険性を高めるのです。

水流が少ない場合

水流が少ない場合はフロート弁(トイレタンクの中にある便器の水を流す装置)が機能していない等の、タンク内部の問題が起こっている可能性があるので、タンク内部を修理する必要があります。注意したいのは、タンクの水がチョロチョロと言う音が聞こえていたら、水が流れっぱなしになっているので、すぐに対処をしないと高額な水道料金を支払うことになりますので、注意してください!

トイレタンクに水がたまらない時の原因と直し方
トイレタンクに水がたまらない時の原因と直し方をご紹介します。タンク外とタンク内の問題に分けそれぞれのチェックポイントや解決法をわかりやすくまとめました。部品の購入や解体等が必要になるケースもあるため、現状、なぜタンクに水がたまらないかしっかり把握された後に対処されることをお勧めします。

症状④水を流した時に異音がする

トイレを流したときに、ポコポコ…などという音がすることがありませんか?この場合は要注意です。また異音がする場所が不具合がある場所と考えて良いでしょう。異音がするところをしっかりと把握することが必要です。

便器の中の異音がする

水を流して、便器の中でポコポコなどの音がする場合、便器の中に異物が水流を邪魔して異音が出ているケースが多いのです。

便器の下の方からの異音がする

水を流した時、便器のさらに下の床から異音がする場合、その音はすぐにおさまる場合があります。しかし継続的にポタポタなどという音が続く場合は、排水管に何か異変がある可能性があります。

タンクから異音が聞こえる

水を流すと、タンクからシューやゴボゴボなどという音が発生した場合、その異音はタンクから便器への水の経路に何らかの異変がある可能性があります。

便器のウォシュレットから異音がする

ウォシュレットを使用するときに、シャワーがちゃんと出なかったり、ウォシュレットから異音がする時があります。この場合は、トイレつまりと直接関係ないですが、ウォシュレット機能に問題が生じている可能性も。この場合は、自分では対処できないので、メーカーに問い合わせする事が最善の方法でしょう。

気になる音が聞こえたら判断できること!

トイレから、またトイレの周辺から異音が聞こえてきたら、トイレつまりやトラブルのサインと思って良いでしょう。無知の状態で自分で対処しようとせずに、異音がしたら業者に相談してみましょう。

トイレつまりの原因

トイレに流してはいけないものは、ティッシュペーパーです!

ついついしてしまいがちですが、トイレットペーパーを切らしてしまった時にティッシュペーパーを使って水を流してしまうことです。ティッシュペーパーは水に溶けにくいのでつまりやすい原因になります。またトイレでの「嘔吐」もつまりの原因になります。ここからはトイレつまりの原因を詳しく見ていきましょう!

ティッシュペーパー・ちり紙が原因のトイレつまりの解消法
ティッシュペーパー・ちり紙によるトイレつまりの解消法。トイレ後、トイレットペーパーが切れてしまったとき、近くにあるティッシュペーパーやちり紙で代用する人は少なくないです。トイレにティッシュペーパー・ちり紙を流してはいませんか?実は、その使い方はトイレつまりを引き起こす原因になってしまうのです。
トイレがつまった時の対処法~原因を3つに分けて解説
トイレがつまってしまった場合の対処法をご紹介します。トイレがつまってしまった場合は、原因を特定することが重要となってきます。つまりの原因がわかるのであれば、すぐに取り出すか、専用の道具を使用してつまっているものを取り出してください。

原因①つまりやすい場所

  • せき…便器のせきの部分は狭くて、急カーブになっているので詰まりやすいです。
  • 排水溝の手前…排水溝の手前部分の便器排水路の出口付近のくぼみ、ここに常時水が溜まっています。

原因②水流の圧力不足

タンク式トイレは、水流の強さを「大・小」で設計されています。例えば大便をしたあと、小で流してしまうと、必要な水流を得られないことによりトイレつまりの原因になります。また、節水などの目的で、水を入れたペットボトルを入れるご家庭もあると思います。これはトイレの内部や排水管は思うより複雑になっているのでk、ある程度の水流がないとトイレ内部で固形物のつまりを起こしてしまう可能性があるのです。

大便(うんこ)が原因のトイレつまり~4つの解消法と予防策
大便(うんこ)が原因のトイレつまりの解消法。トイレットペーパーのつまりで、本来流せるはずの大便がつまってしまった!トイレつまりの原因が分かれば、解消法が見えてきます。とくに大便による解消法は、異物が原因のトイレつまりにくらべて比較的解消しやすいので、ぜひ実践してほしい解消法を徹底調査しました。

いくら水道代の節約目的でペットボトルを入れていても、水流の圧力不足で重度のつまりを起こしてしまっては本末転倒です。タンク内部にはペットボトルは入れないようにしましょう!

原因③異物の紛れ込み

トイレつまりの原因は、トイレットペーパーに異物が絡んだものを流してしまうことが多いのです。気付かないうちに小さな異物を流してしまい放置し、トイレつまりを進行させてしまっているかもしれません。普段からトイレットペーパー以外のものを流さないように心掛けましょう。

トイレつまりの原因になりやすい異物とは

ここでトイレつまりの原因になりやすい異物の例をご紹介します。普段流しているようなものも、トイレつまりの原因となることがありますので、ご参考にしてください。

トイレットペーパー

トイレつまりの一番多いとされている異物は、トイレットペーパーです。一度に大量のトイレットペーパーを流すとつまりの原因になります。トイレットペーパーが別の異物に絡まっているということがなければ、バケツの水を使う・またぬるま湯で溶かすなどの方法が効果的です。ラバーカップ(スッポン)でも解消できるでしょう!覚えておきたいのは、トイレットペーパーでトイレを詰まらせるにはダブルで半分、シングルで1ロール一度に流すとトイレつまりになるそうです。

流せるお掃除シート

水に溶けるタイプで便器に流していいお掃除シートも大量に流せばトイレつまりの原因になります。もし詰まってしまった場合は、洗浄剤やぬるま湯を使って溶かしてつまりを解消すると良いでしょう。

お掃除シートが原因のトイレつまりの解消法
お掃除シートが原因のトイレつまりの解消法。この記事で紹介する『流せるお掃除シート』の性質や使用方法をしっかりと覚えておきましょう。流せると書いているので、気にせずお掃除後に大量のお掃除シートを流してしまうと実はトイレつまりになってしまう可能性があるのです。

生理用ナプキン・オムツ・ペットシート

この3つは吸水性が良く、水分を含むと膨らむ性質があります。便器に落としてしまって見えるものは早く取り出しましょう。奥に詰まって簡単に取れない場合はワイヤーブラシを使って取り出しましょう。

おむつが原因のトイレつまりの解消法
おむつが原因のトイレつまりの解消法。おむつを扱っていると、ふとした時にトイレの中に落としてしまい、気付かぬうちにトイレを流してしまい大変な思いをした人も多いのでないでしょうか?トイレにおむつを落としてしまってもすぐに対応することにより、トイレつまりを起こさずにトイレを快適に使用する事が出来ます。
トイレにナプキンを流してしまった!トイレつまりの対処法
トイレにナプキンを流してしまった時の対処法をご紹介します。トイレにナプキンを流してしまった場合、バケツの水をながして水が流れるかどうか確認する。流れずトイレつまりになった場合は、ラバーカップやパッコンバーを使用する。それでもトイレつまりが解消しないときは、ワイヤーブラシを使用する。どうしても奥につまってトイレつまりが解消しない時は、業者に依頼する。

携帯電話・スマホ・ハンカチなどの小物

ポケットからうっかり便器に落としてしまうというパターンが多い小物類です。金属やプラスチック類は水で溶けないので、ワイヤーブラシなどで引っ掛けて取り出す、または真空パイプクリーナーなどで引き寄せて取り出しましょう。万が一排水管まで行ってしまった場合は、便器を外して取る必要があるでしょう。

おしりふき

おしりふきは水に流せるものと流せないものがありますので、ご使用の際には気を付けましょう。水に流せないタイプが詰まってしまった場合、ラバーカップや洗浄剤を使用します。水に溶けるタイプのおしりふきであればぬるま湯で溶かしながらつまりを解消しましょう。

トイレに物を落とした時の対処法~流せる物・流せない物・回収法
トイレにものを落としてしまった場合の対処法をご紹介。トイレに流してよい物・流せない物、トイレに落としてしまった物を取る方法、正しい対処法を覚えておくことでトラブルの際にも活用できます。すぐに対処しないとトイレが壊れる原因となってしまいます。
手拭き・おしり拭きシートが原因のトイレつまりの解消法
手拭き・おしり拭きシートをトイレに流して、トイレがつまってしまったことはありませんか?最近ではトイレに流していいと書かれている手拭き・おしり拭きシートが、後処理が簡単なので人気のようです。「流していい」と書かれている商品でも、実は水に溶けにくい商品も販売されており、注意が必要です。

消臭剤のキャップや子供のおもちゃ

落としてしまって奥まで行ってしまった場合は、ラバーカップで押し込んで流すのはやめましょう。落ちたものは取り出すのが基本となりますので、真空パイプクリーナーやワイヤーブラシを使いましょう。

猫のトイレ砂

猫をペットとして飼っているいる人限定ですが、猫砂はトイレに流すことができると記載されているものは多いです。ですが、猫砂は水分を吸収するもので水に溶けるものではありません。トイレ砂は吸水性が高いので便器内部や排水管にこびりついて深刻なつまりを引き起こす可能性があります。もしトイレ砂がつまってしまった場合は、ワイヤーブラシでこすり落とす、また高圧洗浄が必要になる場合もありますので、気を付けてくださいね。

猫砂が原因のトイレつまりの対処法と正しい処理法
猫砂が原因のトイレつまりの対処法と正しい処理法。実は、トイレに流せる猫砂でも流して良い猫砂と流さないほうが良い猫砂があります。気軽に処理できるはずの猫砂ですが、種類によって処理方法が違います。間違った方法で猫砂の処理を行いトイレをつまらせないようにしましょう。

食べ残し・残り汁・嘔吐物

これらのものは油分が含まれています。油分は水に浮く性質がある為、一か所に固まりやすいのです。そして便器の内部や排水管に付着して水の流れを悪くしてしまうといいます。嘔吐物に含まれている胃酸は、浄化槽内のバクテリアが死滅し、トイレの浄化機能が低下してしまうと、水の流れが悪くなる原因があります。トイレで嘔吐した場合は、念入りに水を流して油分を流すようにしましょう。

吐瀉物・嘔吐物が原因のトイレつまりの解消法
吐瀉物・嘔吐物が原因のトイレつまりの解消法をご紹介します。排泄物と嘔吐物・吐瀉物の違いやつまりが直らないときにの排水管のチェック、自分で解決する対処法について解説していきます。自分でやってみてなかなかつまりが解消できない場合や、排水管にこびりついて固まってしまった場合、気軽にご相談ください。

【初心者編】トイレつまりの直し方(解消法)

ここでは自身でできる、トイレつまりの直し方です。自信がなければ業者に依頼するようにすると良いでしょう。自身で作業する場合は、感染症を防ぐためにゴム手袋をつけること、また温水自動便器の場合は感電を防止するために、電源を切りましょう。

プロが勧める!トイレつまりの解消グッズ6選
プロお勧めのトイレつまりの解消グッズをご紹介します。トイレつまりのトラブルが起きてしまった場合、ご自分で解消できる方法があります。どうしていいかわからない!と言って業者に依頼する前に、トイレつまりの解消グッズで詰まりが直る場合があるのです。
トイレがつまった時の直し方~道具と薬品の使い方
トイレがつまってしまった場合の直し方をご紹介します。トイレがつまってしまった場合は、専門の道具を使用すると簡単につまりを直すことが出来ますが、持っていない人も多いです。そんな時には、自宅にあるものを代用することによりトイレのつまりを直すことが出来ます。

①バケツで水を流す

バケツで水をジョロジョロと滝のように落とす方法です。トイレットペーパーなどの水に溶けるはずのものが詰まってしまった場合は、バケツで水を流す方法が効果的です。

一気に流しすぎない

一気に流しすぎると、水位が増えるだけで終わってしまう可能性が。ポイントは、排水溝に向けて、ジョロジョロと流すイメージです。バケツでもいいですが、ペットボトルでも良いですね。トイレの近くに水栓があれば、ホースを使っても同じ効果が期待できます。

便器内の水位が高い場合は水を減らす

便器内の水位が高い場合は、バケツで水を流しても水位がもっと高くなり水が溢れてしまいます。その場合は、バケツやポンプで水を汲みだして、排水口に水を当てられるくらいの量まで減らしましょう。

溢れそうなトイレつまりの3つ対処法と4つの解消法
トイレの便器の水が溢れそうになっているとき、まずはどうしたら良いのでしょうか。トイレの水を何回か流しているうちに、便器から水が溢れそうになったという経験はありませんか?トイレが溢れそうになったときは、ついついもう1回水を流してみたくなってしまいますが、これはやってはいけない行為なのです。

水が減らないうちは水を流さない

バケツで水を流していくと、詰まっている時は水位が上がってきます。ですが、つまりの原因物質が溶けるとバケツの水も溜まらずに流れていくでしょう。つまりが解消すると、バケツで水を入れても水位が正常を保ちます。それまでは水を流さないようにしましょう。

②ぬるま湯を流す

普通は水に溶けるはずのトイレットペーパーや、お湯でふやける異物がある場合に試してください。パイプクリーナーや、重曹などと組み合わせるとより効果的です。水と同様、流し方はジョロジョロと高い位置からゆっくりと流すことを忘れずに行ってください。

ぬるま湯を使ったトイレつまりの直し方|2つの方法
トイレつまりをぬるま湯を使って解消する方法。予期せぬことから突然トイレつまりを起こしてしまうことがあります。この時、ベストな解消法とはどのような方法なのでしょうか?専門用具を使わなくてもぬるま湯だけでトイレつまりを解消する方法があります。

熱湯は避ける

お湯といっても、熱湯は避けてください。熱湯を流すとトイレの便器が高温に耐えきれずひび割れてしまう可能性も。最高50度くらいで、触れられるくらいの温度が目安です。トイレがひび割れてしまい、余計な出費になりますので注意してください!

ぬるま湯と放置を繰り返す

お湯を流して、30分ほど放置。その後、またお湯を流すという事を繰り返すのも効果的です。これは放置することによってトイレットペーパーなどの異物が溶けやすいという可能性もあるからです。

パイプクリーナー等と組み合わせる

より水に溶けるように市販の洗浄剤(パイプクリーナーなど)を一緒に使ってみる方法です。自宅に重曹とお酢があれば、重曹とお酢を1:2の割合で便器に入れて待つことで、お湯のみよりは多少効果が上がるでしょう。

③ラバーカップ(スッポン)

ラバーカップの使い方

ラバーカップは、トイレつまりと言えばイメージする方が多いのではないでしょうか。棒状の取手にゴム製の半球がついています。ゴムが戻る力で空気を動かして水流を作り出して、つまりを解消するものです。ではラバーカップを使用する手順をご紹介します。

  1. 便座の周りに水の飛び散りを防ぐために、大きめのごみ袋やビニールシートの真ん中に穴を開けて、開けた穴にラバーカップの柄を通します。
  2. 便器の排水口部分に隙間ができないようにラバーカップをくっつけて、排水口に向かって押して、半球内の空気を全部抜く感じで吸い付けます。そしてゆっくりと引き抜いてください。この作業を繰り返します。
  3. ラバーカップでつまりが取れたら、バケツを使い便器内に勢いよく水を流してください。排水されれば、つまりが取れています。つまりが取れてない場合は便器に汚水が溜まって溢れてしまうことがありますので、そのような場合はバケツで水を汲み、少量の水を流してみましょう。
  4. ラバーカップを使ってもつまりが改善しない場合は、何もせず少し待ってみましょう。もしそれでも解消されない場合は、専門業者に依頼する事をおすすめします。
ラバーカップでトイレつまりを直す|スッポンの正しい使い方
ラバーカップでトイレつまりを直し方とスッポンの正しい使い方をご紹介します。ラバーカップはスッポンという愛称でも呼ばれ、親しまれています。ですが、ラバーカップの正しい使い方はあまり知られていません。正しい使い方をしないと、かえってトイレのつまりを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

④真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーとは、ポンプがついたラバーカップといったイメージのものです。吸引する力が強いので詰まっているものを引き寄せることができます。

使い方

便器内の水が張っているところにしっかりと力を込めてカップ部分を押し付けます。そのあとに、ポンプのレバーを引きます。レバーを戻しては引いてという動作を繰り返してください。コツをつかむまでは難しいと思いますが、慣れてくると簡単に異物を取り除くことが期待できます。

真空式パイプクリーナーの選び方は?

ラバーカップで治らなかったつまりも真空式パイプクリーナーで治った!という口コミが多数あります。買うなら断然こっち!という方も多いのではないでしょうか。

トイレに使う場合、排水口のサイズを調べて購入します。一般的なサイズの目安として170㎜ほどの直径が必要です。

【応用編】トイレつまりの直し方(解消法)

先ほどは初心者のトイレつまりの解消法でしたが、慣れてきた方はこちらの方法でトイレつまりを解消してみてはいかがでしょうか?道具と知識があればできる解消法なので、ぜひ参考にしてくださいね。

トイレがつまった時の直し方~道具と薬品の使い方
トイレがつまってしまった場合の直し方をご紹介します。トイレがつまってしまった場合は、専門の道具を使用すると簡単につまりを直すことが出来ますが、持っていない人も多いです。そんな時には、自宅にあるものを代用することによりトイレのつまりを直すことが出来ます。

①ワイヤー式トイレクリーナー

こちらを使う場合は、重度な症状な時のみ使用するようにしましょう。ワイヤー式ブラシは細長い金属のバネのようなもので、先端部分がバラけていて、この先端部分が排水管の内部を通過するときに詰まっている異物を崩したりすることでつまりを解消します。ワイヤー式ブラシは使うのがとても難しい為、使用できればあらゆる排水管の清掃ができるようになるでしょう。

ワイヤー式ブラシは、強度がないと力を発揮しないのである程度硬さのあるものを選ぶようにしましょう。強度がないワイヤー式ブラシは値段が安いものが多いので、一般的に強度があるものは2000円~5000円くらいの価格帯でお店に置いています。ワイヤーの長さは、長くも短くもない2~3mくらいがベストでしょう。

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシを使って、排水管の清掃を行いましょう。ワイヤーを伸ばして排水管の奥に進めていくといった感じの作業です。以下の手順で効率よく進めていきます。

  1. 汚水の飛び散りを防ぐために、ビニールに穴を開けてトイレにかぶせます。
  2. ワイヤーを便器にいれて、トイレの底をめがけてゆっくり伸ばしていきます。
  3. らせんを描くイメージでねじりながらトイレの奥にワイヤーを突っ込んでいきます。
  4. 異物を取り除くため、ワイヤーを前後させて引っ掛けて取り除きます。これで効果が見られないようなら便器を取り外す必要があります。
  5. 作業が終わったら、次回の作業に使う為にワイヤーを清掃します。バネ状になっている為隙間に汚物が入り込んでいたりします。念入りに洗いましょう。もし汚れが取れない場合は、使い捨てとして考えるのもひとつの方法ですね。

②高圧洗浄

高圧洗浄は車のボディや、玄関のタイルの目詰まりなどを高圧の水で取り除くことができる機械です。トイレつまりの症状も解消してくれる可能性もあります。高圧洗浄機を使ってトイレつまりを修理する手順をお伝えします。

  1. 高圧で水がでてくるので汚水が跳ね返ってきますので、ゴミ袋などに穴をあけてトイレにかぶせます。
  2. ホースを便器の曲がり角まで突っ込んでください。そのためには、高圧洗浄機はホースの先端が曲がっているものに限りますので注意してください。
  3. スイッチを入れて汚物を吹き飛ばします。高圧の水が噴射されるため、原因が固形物である場合は、固形物を奥に押し込んでしまう可能性があるのでその場合は使用しないでください。
  4. 高圧洗浄機で汚物を除去できたら、バケツなどで水をながしてみましょう。水が流れればトイレつまりは解消されているでしょう。

③便器を取りだす

トイレつまりで、最終的に解消する方法として便器自体を床から取り出す方法です。これは専門業者ができる範囲になってきますので、自信がある方必見です。無理そうでしたら、業者に依頼することをおすすめします。

  1. 止水栓を占めて水を止めます。まず、水が出ないようにするためです。止水栓はマイナスドライバーだけで止められます。
  2. ウォーターポンププライヤーか、モンキーレンチを使って給水管の取り外しをしてください。備え付けの部品は、紛失しやすいので大切にとっておきましょう。
  3. タンク内・便器の水を抜き取ってください。その際に便利なのが、灯油ポンプをつかうと簡単に抜くことができます。注意したいのは、灯油に使用したものは使わないで下さい。手洗いの蛇口がついている便器は蛇口に繋がっているホースも取り外しておきましょう。
  4. 便器からタンクを取り外します。まず、タンクに接続されているものを取り外します。その後、まっすぐ上に持ち上げタンクを取り外します。陶器性なので落とさないように慎重に持ち上げましょう。
  5. いよいよ便器の取り外しです。便器を固定しているナットを取り便器を取り外します。ナットは陶器製なので取り扱いに注意してください。また、便器を持ち上げると下水管が丸見えになるため、パッキンなどの部品を無くさないようにしましょう。
  6. つまりの原因を特定して取り除いていきます。便器と下水管側からも見て確認して固形物のつまりを確認します。
  7. 異物を取り除くことができたら、取り外した時と逆の手順で便器を取り付けます。細かいパッキンなどの部品の付け忘れがないよう注意しましょう。
  8. 組み立てのミスを減らす為、念のためバケツで少しずつ水を流して流れを確認しましょう。もし、床に水が漏れたりした場合は、もう一度便器の取り付けをやり直しましょう!

業者にトイレつまりを依頼する時に大事なこと

自宅のトイレがつまってしまったら自分で直してみて、また直すのに自信がない方は業者に依頼する他ありません。自分でトイレのつまりを治せない場合、業者に依頼しましょう。そこで大事なことは以下の3つです。

  • 業者に依頼する判断基準
  • 業者依頼した際にかかる時間・金額の目安
  • 業者の選び方

次にこちらについてご紹介します。

業者に依頼する判断基準

業者に修理を依頼する・しないの判断基準がわからない方は、もし以下ような症状があれば業者に相談した方が良いケース多いため、自分で解消方法を試す前に相談してみると良いでしょう。

①水位が変わらない

自身でトイレつまりの解消法を試してみても、便器内の水位が全く減っていかない場合は、事態は深刻であると考えられます。業者に依頼しましょう。

②水に溶けないもの・不明なものが詰まってしまった

水に溶けるものがつまっている場合は解消法で解決する可能性がありますが、水に溶けないものが詰まってしまった、また詰まってしまったものが何かわからない場合は、自分で解消法を試してみても、異物が排水管の奥に行ってしまいますので、業者に依頼することをおすすめします。

③普段から流れが悪い

何かをトイレを落としてもいない、しかし水の流れが悪い。といった症状がある場合は、築年数が経っている場合が多いです。長い間トイレを使用していると、尿素が固まって石のようになり、排水管の通り道が狭くなっていると考えられます。また、節水で水を少なめにしている場合も詰まりやすいです。流れが悪い期間が長い場合は、業者に相談してみるのも良いでしょう。

尿石によるトイレつまりを解消&予防~薬剤溶解と剥離方法
尿石が原因のトイレつまりは、尿石除去をする必要があります。よくトイレを使用していると、便器の底にブラシで擦っても中々取ることができないザラザラとした汚れが『尿石』です。そもそも尿石とはどんなもの?!尿石が便器に付着しやすい場所とは?尿石が付着してしまった!尿石除去の方法とは?尿石によるトイレつまりを予防するためにすべきこと。

トイレつまりを業者に依頼した際の金額・時間はどれくらい?

トイレつまりを業者に依頼した際にかかる金額は、様々な費用がかかってきます。だいたいの相場はこのような金額になります。

トイレつまりの相場
作業料金+基本料金+出張費
軽度なトイレつまりは8,000円程度
重度なトイレつまりは数万円程度

おすすめは、見積もり無料のところに実際に来てもらって見積もりを出してもらいましょう。できれば1社だけではなく、複数の業者に見積もりをしてもらうのがベストです!

いざ業者に依頼するということになった場合、所要時間が気になりますよね。軽度であれば30分~1時間です。重度であれば1時間以上の場合が多いです。できれば見積もりの際に、所要時間の目安も確認しておくと安心です。

トイレ修理の種類と料金~つまり・水漏れ・水が止まらない
トイレ修理には、どのような種類があるのかをご紹介します。トイレのつまりをDIYで修理する方法と業者に依頼する際の修理費用、トイレの水漏れ、排水が止まらない場合も同様に紹介しています。今後自分で修理する際に参考にしてください。
トイレつまり解消の料金相場|適正価格で業者に依頼するには
トイレつまり解消の料金相場をご紹介します。業者に依頼する際の適正参考価格にお役立てください。修理料金は安い方を選びがちですが、冷静な判断で安心して依頼できる業者を選ぶことが大切です。この記事を参考にして、ご自身の納得いく料金で水道業者に修理をしてもらいましょう!

トイレつまりを依頼する業者の選び方!

トイレつまりを依頼する際の業者の選び方は、工事後のアフターフォローがしっかりとしているところを選ぶと、再度トイレつまりが発生してしまったときの補償制度が利用できたり、クーリングオフができたりと金銭的にも安心です。

水回りを工事する業者には、指定業者とそれ以外の会社があります。指定業者は、水道局から指定の認定を受けている業者です。責任感や、幅広いサポートがあるので出来れば指定業者を選ぶと良いでしょう。

トイレつまりを格安修理!業者と自分どっちが安い?
今回は、トイレつまりの修理方法についてご紹介しました。DIYが好きであれば、トイレのつまりくらいすぐに修理をすることが出来ます。業者に依頼する場合にも、8,000円程度のものから数万円かかってしまうトイレつまりの修理があります。

トイレつまりを起こさないための予防をする

いかがでしたか?今回は、トイレつまりを直す方法をお伝えしました!トイレが詰まってしまうと、「どうしよう…」と不安になる方が多いのではないでしょうか。しかし詰まっても完全マニュアルを参考にして、トイレつまりを解消してみてください。まずはトイレつまりの予防をすることが大切です。とにかくトイレつまりの原因になりやすいものを流さないということです。詰まりの原因となる、おもちゃやフタなどが落ちないようにトイレ周辺を整理することも予防になります。

トイレつまりの予防策|日頃の簡単な工夫
トイレつまりの予防策をご紹介します。トイレに流さない方がいいものを知っておく。無理な節水をしない。便器に物を落とさない工夫も大切。トイレットペーパーをたくさん使うときは数回に分けて流す。こまめにトイレ掃除を行う。トイレつまりの予防は自分でできることがたくさんあります。

トイレつまりが起こっても焦らない事が大事!冷静に対応しよう!

トイレつまりが起こってしまったら、解消しないとトイレができませんので焦りは禁物です。パニックにならずに、冷静に行動しましょう。トイレつまりのおさらいは以下になります。

  • トイレがつまったらまず、何がつまっているか確認する。
  • 異音がないか確認する。
  • 水が流れない場合は、水やお湯、または洗浄剤などで溶かしてみる。
  • ラバーカップや真空式パイプクリーナーで異物を取り除く。
  • ワイヤーブラシなどで掻き出して取り除く
  • それでも解消しないときは、業者に依頼する。
  • トイレつまりを起こさないためにも予防する。

トイレは毎日頻繁に使う場所です。その場所が使えなくなると生活に支障をきたします。トイレつまりを起こさない為にも、日々のお掃除で便器内やタンク、また便器周辺の棚などを整理整頓し清潔に保つことがトイレつまりを予防することが大事です。それでも万が一トイレつまりが起こってしまったら、ご紹介した記事を参考に試してみましょう!

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
トイレつまり・溢れの解決を24時間365日受付中。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり