ブログ

トイレットペーパーがつまる原因は?自分できる直し方や予防策を紹介!

トイレットペーパーがつまる原因は?自分できる直し方や予防策を紹介!

「トイレットペーパーを流しただけなのにトイレがつまった」
「正しい方法で使っているのに、どうしてつまるの?」

トイレがつまった経験のある人なら、このような気持ちになったことがある人も少なくないでしょう。トイレのつまりの原因はさまざまで、構造上の問題、環境の問題、使い方の問題など多岐にわたります。

自分では問題ないと思っていた行為でも、実はトイレの使い方として好ましくないケースも存在します。

そこで本記事では、トイレットペーパーがつまる理由や、その対処法や予防法について解説します。

今週のNo.1
おすすめ優良業者!

cta

トイレつまり専門だから、あらゆるトイレトラブルも任せて安心!業界随一の低価格で、トイレつまりの問題を根本から解決します。作業後のアフターフォローも万全!見積り・ご相談は【完全無料】一都三県・関西エリアに即駆け付けます!

\累計対応件数100万件突破/詳細はこちら

トイレットペーパーがつまる原因は?

トイレットペーパーがつまる原因は?

トイレットペーパーがつまる原因として、トイレットペーパー自体の品質や流し方などが問題で、つまりを引き起こすケースが多くみられます。ここでは、トイレットペーパーがつまる原因について、具体的に解説します。

節水トイレで水の流量が少ないから

節水トイレは、環境保護や水資源の節約を目的として、近年ますます普及が進んでいます。しかし、その特性上、一般的なトイレと比べて流す際の水量が少ないのが特徴です。

トイレは「サイフォンの原理」という仕組みを利用して、トイレと水の排出口の高低差を活かして水を移動させ、排泄物やトイレットペーパーを流します。

節水トイレの場合この水の流量が少ないため、一度に流す排泄物やトイレットペーパーの量が多いと、スムーズに流れずにつまる可能性が高まります。

一度に流すトイレットペーパーが多すぎるから

トイレットペーパーは、水に触れるとほぐれる性質を持っています。しかし、一度に大量のトイレットペーパーを流すと、そのほぐれる速度が追いつかず、便器や排水管でつまることがあります。

トイレットペーパー使用後にトイレを小洗浄で流していたり節水トイレを使っていたりすると、水の量が少ないためトイレットペーパーがほぐれきらずにつまりやすくなります。

トイレの使用説明書には、一度に流せるトイレットペーパーは5mまでといったように、具体的に数値が記載されています。

トイレットペーパーの使用量を適切に調整し、必要以上に多くのペーパーを一度に流さないように注意しましょう。

トイレットペーパーの品質に問題があるから

国内の多くのトイレットペーパーはJIS規格に基づいて作られており、この規格に従って作られたトイレットペーパーは、水の中で100秒以内に溶けるように設計されています。

しかし一部の低品質なトイレットペーパーや海外製のものは、このJIS規格に準拠していない場合があり、水に溶けにくいことがあります。

このようなトイレットペーパーを使用すると、トイレの排水管に残留しやすくなり、結果としてトイレのつまりを引き起こすのです。

排水管や桝に問題があるから

排水桝は、生活排水の汚れやごみを分離してから下水に流す役割を果たしています。

しかし、分離した汚れが排水桝の入り口付近に蓄積して水が流れなくなり、床下配管を通って建物内の水回りに逆流すると、トイレつまりが発生することがあります。

便が硬くてとけないから

便が硬くなると、トイレがつまる原因となることがあります。便は通常、水圧で押し流され、排水路で水に溶けて柔らかくなりながら、排水管へと流れていきます。

しかし便秘の固い便の場合、水に溶けきらずに排水管のカーブ部分でつまってしまうのです。

また便秘の固い便だけでなく、下痢などで大量にトイレットペーパーを使用し、それを流した場合も、トイレつまりの原因となることがあります。

トイレットペーパー以外の異物がつまっているから

トイレがつまる原因として、トイレットペーパー以外の異物がつまることも多くあります。たとえば、家庭に小さな子供がいる場合、おもちゃや食べ物の残りなど、トイレに流してはいけないものが流されることがあります。

これらの異物は、水に溶ける性質を持たないため、排水管内でつまりやすくなります。

また、異物が排水管に引っ掛かると、その後に流れるトイレットペーパーや便もその異物に引っ掛かり、さらにつまりを悪化させるのです。

トイレットペーパーつまりの対処法

トイレットペーパーつまりの対処法

トイレにトイレットペーパーがつまると、日常生活に大きな支障をきたします。しかし、適切な対処法を知っていれば、自分で対処できることもあります。

短時間の放置でほぐれるのを待つ

トイレットペーパーは水に触れると時間とともに柔らかくなり、自然にほぐれる性質を持っています。つまったトイレットペーパーを放置しておくことで、ほぐれて流れていく可能性があります。

ただし、放置する時間が長すぎると、他の問題(悪臭や水漏れなど)が発生する可能性もあるため、放置は長くても2〜3時間程度に留めるようにしましょう。

ぬるま湯でトイレットペーパーをほぐす

トイレットペーパーがつまった際は、ぬるま湯を使用することで、トイレットペーパーをより迅速にほぐすことができます。トイレの水をある程度減らし、ぬるま湯を流し入れることで、つまったトイレットペーパーを効果的にほぐすことができるでしょう。

ただし、熱湯はトイレの陶器を傷つける恐れがあるため、適切な温度のぬるま湯を使用してください。

洗剤を使う

食器用液体洗剤でトイレつまりを直す方法_TT

トイレットペーパーが原因のつまりの場合、アルカリ性の洗剤を使用することで、つまりの解消が期待できます。

最初に、つまりの原因がトイレットペーパーであることを確認します。便器内の水位を調整して洗剤が薄まらないようにし、アルカリ性洗剤や食器用洗剤を便器に直接入れます。

その後20分から30分ほど放置し、お湯をながすことでトイレットペーパーがほぐれ、つまりを解消してくれるでしょう。洗剤のアルカリ成分がトイレットペーパーの繊維を分解し、柔らかくすることで、つまりを解消するのです。

使用する洗剤の種類や量などの使い方については、パッケージの裏面をよく読み、正しい方法で使用してください。

ラバーカップを使う

スッポンの使い方

トイレのつまりを解消するための一つの方法として、ラバーカップ(スッポン)を使用する方法があります。

具体的な使用方法としては、まずラバーカップのゴム部分をトイレの排水口にしっかりと密着させます。そのあとゆっくり押し込んで空気を押し出し、強く引き抜きます。このときの吸引する力でつまりを解消が期待できるでしょう。

ラバーカップを強く押しすぎるとトイレの陶器を傷つける恐れがあるため、適切な力加減で行ってください。

専門業者を呼ぶ

自分で対処できそうにないと感じた場合は、無理せずにトイレつまりの専門業者に依頼することをおすすめします。

無理に自分で直そうと思って試行錯誤した結果、つまりを悪化させたり便器を破損させてしまったりすると、かえって修理費用がかかってしまいます。

また賃貸住宅にお住まいの場合はトイレは管理者の所有物ですので、自己判断で手を加える前にオーナーや管理会社に一度連絡するのが望ましいでしょう。

トイレつまり修理業者の選び方のポイントは?おすすめ修理業者5選も紹介!

トイレつまりを予防するには

トイレつまりを予防するには

トイレのつまりを予防するには、日常のちょっとした注意や心がけが大切です。日常的にセルフメンテナンスをしたり、流すものや流し方に気を配ることで、トイレのつまりを予防できるでしょう。

トイレットペーパーの流しすぎに注意する

トイレの使用説明書には、一度に流せるトイレットペーパーの推奨量の記載があります。このことからわかるように、一度に大量のトイレットペーパーを流すことは、つまりのリスクが高い行為です。

とくに節水トイレなどを使用している場合は、水の流量が少ないこともあり、大量のトイレットペーパーを流すとつまる可能性があります。トイレを使用するときには、必要以上にトイレットペーパーを使用しないよう心掛けましょう。

流せるトイレクリーナーなどの使用に注意する

トイレの清掃や消臭のために市販されている「流せるトイレクリーナー」や「お掃除シート」は、便利である一方で、トイレのつまりの原因となることがあります。

これらの製品は、トイレットペーパーほどスムーズに水にほぐれるものではないため、シートの品質や使用枚数によってはつまりやすいといえます。

トイレのつまりを予防するためにも、これらの製品を使用する際には取扱説明書をよく読み、推奨される使用量や方法を守ることが大切です。

異物など流してはいけないものを流さない

多くの人が知らない間に、トイレに流してはいけないものを流してしまっていることがあります。

たとえば、ティッシュペーパー、紙おむつ、たばこ、生理用品やガムなど、トイレットペーパー以外のものを流すと排水管がつまる可能性が高いでしょう。

 

そのほか、ラーメンの残り汁などの液体を日常的にトイレに流している場合も要注意です。スープに含まれている油分などの成分が、排水管の壁面に堆積して、排水管内を狭くすることがあります。

排水管内が狭くなると、そのぶんつまりを引き起こす可能性が高くなるでしょう。

トイレに流すことができるのは、基本的にトイレットペーパーのみです。それ以外のものは、ゴミ箱などに捨てるよう心掛けましょう。

便器や排水管のセルフメンテナンスを心がける

トイレのつまりを予防するためには、定期的なセルフメンテナンスが欠かせません。便器や排水管のメンテナンスは、長期的にトイレを使い続けるために重要です。

たとえばトイレ専用のパイプクリーナーを使用して、排水管の汚れを取り除くなど、できる範囲でセルフメンテナンスを行いましょう。

 

トイレットペーパーがつまったら「トイレつまり解消隊」におまかせください

トイレつまりトラブルはトイレつまり解消隊にご相談ください

トイレつまり解消隊は、豊富なトイレつまり修理の実績がある専門業者です。

その実績から多くのお客様に信頼をいただき、テレビに取り上げられたこともあるなど、安心して依頼できる業者を探している方にとくにおすすめの業者です。

トイレ修理を専門としているため技術力の高さや知識なども豊富で安心して任せれます。

お見積りやご相談は無料、早朝・深夜の割増料金などもありませんので、まずは一度ご相談ください。

>>トイレつまり解消隊への無料相談やお見積もりはコチラ