ブログ

トイレつまりは放置してもいい?自然に直るケースとは

トイレつまりは放置してもいい?自然に直るケースとは

「自宅のトイレが突然つまってしまったけれど放置しておけば直るかな?」と考えている方も少なくないでしょう。

 

トイレのつまりには、原因によって自然に直るものと、そうでないものがあるため、しっかりと見極めることが大切です。

 

本記事では、トイレのつまりを放置しても大丈夫なケースと、そうでないケースについて解説します。

 

今週のNo.1
おすすめ優良業者!

cta

トイレつまり専門だから、あらゆるトイレトラブルも任せて安心!業界随一の低価格で、トイレつまりの問題を根本から解決します。作業後のアフターフォローも万全!見積り・ご相談は【完全無料】一都三県・関西エリアに即駆け付けます!

\累計対応件数100万件突破/詳細はこちら

トイレつまりの放置は基本的にはNG

トイレつまりの放置は基本的にはNG

 

トイレのつまりは放置して解消されるものと、そうでないものがあります。どちらのケースであっても、基本的にはなるべく早い対応をしたほうがよいと考えておいた方がよいでしょう。

 

トイレのつまりを放置したりつまったまま使い続けたりすると、つまりの原因となっている異物のあとに後続の異物が堆積していき、排水管のつまりをさらに悪化させることも考えられます。

 

つまりが悪化すると原因を取り除くことが困難になるため、便器を分解したり、専門器具を使わなければ解消できなくなってしまいます。結果的に高い修理費用がかかってしまうこともあるでしょう。

 

したがって、放置で直るケースも存在しますが、基本的には早めの対処をおすすめします。

トイレつまりが放置で直るケースとは?

トイレつまりが放置で直るケース

以下のような場合、放置していても自然につまりがなおる場合があります。

 

水に溶けるものが原因の場合は放置で改善することも

つまりの原因が水溶性のものである場合、トイレのつまりを放置していてもつまりが自然と解消することがあります。

 

たとえば、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどによるつまりを指します。

 

 

トイレットペーパーやティッシュペーパーは、水を含むとバラバラにほぐれます。上手にほぐれてくれることで、経路上でつまることなく流れていきます。

 

トイレのつまりの原因が、トイレットペーパーや排泄物などの水に溶けるものである場合、適切な対応をすれば自然に解消する可能性もゼロではありません。

 

3時間程度の放置で解消することもある

水に溶けるものが原因の場合、短時間で自然に解消することもあります。

 

具体的には、2〜3時間程度の時間を経過させることで、つまりを引き起こしたトイレットペーパーなどがほぐれ、流れるようになるケースがあります。

 

 

とはいえ、長時間放置することは避けるべきです。

 

とくに、おむつや生理用品を流してしまった場合、水分を吸収し膨張するため、時間が経つほど取り出しにくくなります。

 

放置する場合は、つまりの原因を特定したうえで判断するべきで、やむを得ず放置する場合でも短時間に留めましょう。

 

放置せずに対応が必要なケース

お酢を使ったトイレのつまり解消法

水に溶けない物が原因でつまりを引き起こしている場合は、放置せずにすみやかな対処が必要です。

 

対処が必要なケースにもかかわらず長時間放置してしまうと、異物を取り除きにくくなったり、状況を悪化させたりする可能性があるため注意が必要です。

 

 

水に溶けない物とは、次のような物を指します。

 

  • おもちゃ
  • ボールペン
  • メガネ
  • 食べ物などの残り
  • 油分を含むもの
  • 石や砂
  • 流せるトイレシート
  • 流せるネコ砂
  • 外から回収してきたペットの糞

 

これらのものは、水に溶けないのは当然のこと、放置すると排水経路の奥に入り込んで事態を悪化させてしまう可能性もあります。

 

また、カップラーメンの残り汁など油分を含む液体を便器に流すと、排水管の壁に油分が蓄積して経路が狭くなることがあります。

 

そこにお弁当の残りなどを流したときに、固形物がつまってしまったり、配管のつなぎ目のわずかな段差などに異物が引っかかり、つまりを引き起こすことも考えられます。

 

 

トイレのお手入れに、流せるトイレシートを使っている方も多いですが、実はメーカーとしては推奨していない方法です。シートの品質によっては、水を含んでもうまくほぐれず、まとめて流したときにつまる可能性があるのです。

 

ペットが外で出した糞も、砂利や小石が付着していることがあり、これがつまりの原因になることがあります。こういった水に溶けない物が原因で、つまりが発生したと考えられる場合は、放置せずになるべく早く業者に依頼するようにしましょう。

 

つまりを放置することで発生するトラブル

トイレつまりが原因で漏水トラブルへと発展してしまうことも

 

トイレのつまりは、水に溶けるものが原因であっても長時間の放置は避け、なるべく早い対応がおすすめです。もし、トイレのつまりを放置してしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか。

 

ニオイが発生する

便器には常に水が張ってあり、これを封水と呼びます。

 

封水は、下水から上がってくるニオイをブロックする役割がありますが、場合によってはこの水位が下がることで、封水の効果が薄れ、悪臭が上がってくる可能性があります。

 

便器の水があふれる

放置した結果、つまりの箇所や状況によっては便器内の水があふれることがあります。トイレを使うのは用を足すときですから、便器内の水があふれると汚水をまき散らすことになります。

 

壁紙や床が汚れてしまえば、貼り替えの費用が発生することもありますし、マンションならあふれた汚水が階下に漏れたり、賠償請求される可能性もゼロではありません。

 

結果として、つまり修理を依頼する以上に、多額の費用を負担することになってしまうため、長時間の放置は避けたほうがよいでしょう。

他の人に迷惑がかかることもある

マンションなどの場合、各家庭の排水管はやがてひとつに合流する構造になっています。

 

たとえば、自宅トイレのつまりを放置した結果、異物が流れていき、合流先の経路上でつまった場合、経路に関係する他の家の排水も流れなくなってしまいます。

 

他の人に迷惑をかけないためにも、異物が奥に流れていかないうちに取り除いた方がよいでしょう。

一時的に使えても再発するおそれがある

つまりの状況によっては、放置すれば一時的に流れるようになることがあります。とはいえ、原因が水に溶けるものでない限り、異物を取り除かなければ再発しても不思議ではありません。

 

自宅のトイレでつまりが発生しなくても、排水管はつながっていますので、経路上のどこかでつまりを引き起こす可能性もあるでしょう。

 

 

なによりも、再発するかもしれないリスクをかかえながら、トイレを使うことには不安が残る人も少なくないでしょう。

 

気持ちよくトイレを使うためにも、早めの対処をおすすめします。

トイレのつまりを放置するかどうかの判断基準

管理物件のトイレがつまった時の対処方法は?

 

トイレのつまりは、放置すれば改善されることもあれば、むしろ悪化してしまうケースもあります。大切なのは、原因が何であるかを予測し、様子を見るか業者を呼ぶかの正しい判断をすることです。

 

トイレのつまりを放置しても大丈夫なケースとは、下記のような場合が考えられます。

 

  • 水に溶けるものがつまった場合
  • 排泄物がつまった場合

 

トイレットペーパーの流しすぎや排泄物によるつまりは、時間をおくことで水でほぐれ、流れるようになる可能性があるため、様子をみてもよいでしょう。

 

ただし、放置するとしてもごく短時間に留めましょう。具体的には2〜3時間程度おいて様子を見て、改善されなければ業者に依頼するなどの対策を考えることをおすすめします。

 

トイレのつまりに遭遇したときの対処法

トイレつまりは、ホームセンターにある道具で治せる?業者に依頼するケースは?

トイレのつまりに遭遇したときの対処法として、放置する以外にも自分で修理を試みる方法もあります。水溶性のものがつまっているにもかかわらず、2〜3時間放置して状況が改善されない場合は、業者に依頼する前に自分でメンテナンスしてみるのもよいでしょう。

 

ここでは、具体的な対処法について解説します。

 

お湯を注ぐ

40〜60℃程度のお湯を便器の高い位置からそそぎ、水圧をかけながら異物をほぐし、流れていくことを狙った方法です。水ではなくお湯を使うことで、トイレットペーパーなどがほぐれやすくなります。

 

注意点は、沸騰するほどの熱湯を使わないことです。便器は陶器でできているため、熱湯を使うとひび割れたり、破損したりする可能性があります。

 

ラバーカップで異物を引きだす

トイレのスッポンとも呼ばれるラバーカップを使う方法も有効です。とくに、便器の手前のほうにある異物を手前に引き寄せたいときに活躍します。

 

ラバーカップを排水口に密着させたら、ゆっくりと押し込みます。十分に押し込んだら、力を入れて引っ張ります。

 

 

こうすることで、カップ内が真空状態になり、異物が手前に引き寄せられます。

 

ラバーカップは異物を押し込むものではないため、引き抜くイメージで使いましょう。誤って押し込んでしまうと、異物が取り出せなくなり状況が悪化してしまいます。

 

トイレを放置してもつまりが解決できなければ業者に依頼しよう

トイレつまり解消隊

本記事では、つまりを放置することによるリスクに加え、つまりを自己解決する方法として、お湯を注ぐ方法や、ラバーカップを使う方法などを紹介しました。

 

トイレの正しい使用方法による、簡単なつまりであれば、ご紹介した方法で解決できることも多いでしょう。一方で、誤ったトイレの使用法によるつまりは、自己解決するのが難しいこともあります。

 

 

そういった場合は、無理せずに専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

お困りの際は、トイレつまり解消隊にお任せください。トイレつまり解消隊では、プロの業者がお伺いし、簡単なものであれば1,000円(税別)から修理をいたします。

 

基本料金、作業料金、出張費がすべて含まれたわかりやすい料金体系のため、予想外のご請求をすることもありません。トイレのつまりでお困りの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

 

お見積りやご相談は無料、早朝・深夜の割増料金などもありませんので、まずは一度ご相談ください。

 

>>トイレつまり解消隊への無料相談やお見積もりはコチラ