ブログ

毎日のトイレ掃除で、『流せるトイレお掃除シート』を使用しているご家庭は多いでしょう。手軽に使えて、水に流せるのでとても人気があるお掃除用品としてもよく売れている商品です。

流せると書いているので、気にせずお掃除後に大量のお掃除シートを流してしまうと実はトイレつまりになってしまう可能性があるのです。トイレつまりになってしまった場合、手早く解消することが一番です。放置しているとトイレつまりは深刻になっていき、業者に依頼しなければいけません。そうならない為にも、『流せるお掃除シート』の性質や使用方法をしっかりと覚えておきましょう。

  • 流せるお掃除シートとはなんなのか。
  • 流せるお掃除シートの賢い選び方と使用方法
  • 流せるお掃除シートが詰まってしまった場合の解消法
  • 流せるお掃除シートによるトイレつまりをおこさないための予防法

今回は、流せるお掃除シートの使用方法や、トイレつまりが起こってしまったときの解消法を詳しくご説明します。

そもそも『流せるお掃除シート』とは?

紙製の雑巾のような作りになっていて、便器や床を拭いてそのまま流すことができるシートです。お掃除シートは水に流すとバラバラにほぐれて流れていくといった商品です。そのため、トイレつまりが起こりにくいといったものです。

お掃除シートは水には溶けません。水に溶けると勘違いしている方は多いのではないでしょうか。トイレシートを2枚以上、大量に1度に流してしまうとお掃除シートが詰まってしまい、水が流れないといったトラブルに繋がる可能性が出てきます。

『流せるお掃除シート』の選び方・使用方法

商品の口コミで流れやすいお掃除シートを選ぶのも良いでしょう。しかし、ご自宅のトイレは様々で便器の形状はメーカーによって違います。そこで、ご自宅でどのお掃除シートが流れるのかを試してみる必要があります。

選び方

水を入れたバケツに『流せるお掃除シート』を入れて、1番早くバラバラにほぐれていく製品を選ぶと詰まりづらいでしょう。また製品によっては、バラバラにほぐれる時間が違う為お掃除シートがほぐれるのが遅い商品は避けましょう。

『流せるお掃除シート』のおすすめの使用方法

2枚以上、トイレに流す時は複数回に分けて水を流すようにしましょう。また水を流す際は、小ではなく大の表示の方で流すようにしましょう。そうすると詰まりにくいでしょう。

便器の水が溜まっている部分にお掃除シートを捨てて、すぐに流すのではなく2~3分経ってから流すのがおすすめです。これは、溜まっている水にお掃除シートを浸す時間が長いほどバラバラにほぐれてくれるためです。お掃除して、すぐに流してスッキリさせたい気持ちはわかりますが、ほんの少し意識して流すだけでトイレつまりは大幅に軽減されます。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

『お掃除シート』が原因によるトイレつまりの解消法

流せるお掃除シートによるトイレつまりを起こしてしまった場合の解消法が3つあります。順番に詳しくお伝えします。

水で流す

トイレつまりを起こしてしまった場合、バケツに水を汲んでゆっくりと流していきましょう。お掃除シートを水に浸して、バラバラにほぐすイメージで水を流す方法です。水を沢山含んだほうが、やはり流れ易いのでこの方法を試してみましょう。

ぬるま湯で流す

お掃除シートによるトイレつまりが水で解消しなかった場合は、ぬるま湯で流してみましょう。こちらも水で流す時と同様、ぬるま湯に浸して少し時間を置いて流してみるのも効果的です。40度~60度までのぬるま湯を使用してください。くれぐれも60度以上の熱湯を注ぐことは避けてください。熱湯を注ぐことで、便器が高温に耐えきれず、ひび割れを起こしてしまう可能性があります。ひび割れを起こすと、溜まっている汚水が床にあふれ出て大変なことになってしまうので、熱湯は流さないように気をつけましょう。

ぬるま湯を使ったトイレつまりの直し方|2つの方法

ぬるま湯を使ったトイレつまりの作業手順

  1. ぬるま湯の温度を下げないために、トイレの便器に溜まっている水を灯油ポンプなどで吸い上げます。このとき灯油ポンプは油がついていないものを使用します。
  2. ぬるま湯(40度~60度)を作って、便器内に流し込みます。15分以上放置します。ぬるま湯はバケツ半分くらいの量がベストでしょう。
  3. ラバーカップ(スッポン)で押し付けて、引くの作業を2~3回くらい行います。

パイプ洗浄剤を使用する

パイプ洗浄剤を使用して、お掃除シートを溶かしてトイレつまりを解消しましょう。パイプ洗浄剤は酸性ですので、強力な効果があると言ってもよいでしょう。パイプ洗浄剤を使用するときは、より効果を上げるためにぬるま湯と併用することをおすすめします。パイプ洗浄剤とぬるま湯を流し込んだら、10分ほど放置して水を流してみましょう。

これらの解消法を試してみて、トイレつまりが解消しない場合は、専門業者に依頼しましょう。

トイレつまりを予防しよう!

気軽に使えるお掃除シートだからこそ、掃除に集中して複数枚のお掃除シートを1度に流してしまった!ということは日常生活で少なくはありません。だからこそ、意識してトイレつまりを起こさないようにすることが大切です。お掃除シートによるトイレつまりを予防する方法と、詰まりが起きた場合のポイントは以下の通りです。

  • 流せるお掃除シートは水に溶けるものではなく、水に浸すとバラバラにほぐれるものということ。
  • 流せるお掃除シートを2枚以上使用する際は、複数回に分けて水を流す。
  • トイレつまりを起こしてしまった場合、水またはぬるま湯で時間を置き流す。
  • トイレつまりには洗浄剤や、ラバーカップも有効的。
  • それでもトイレつまりが解消しない場合は、専門業者に依頼する。

 

今回は『流せるお掃除シート』によるトイレつまりについてご紹介しました。トイレつまりは頻繁に起こることではありません。だからこそ、トイレつまりが起こるとパニックを起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。そのようにならない為に、日頃からトイレつまりを起こさないための予防をしましょう。

万が一、トイレつまりが起こってしまった場合、すぐに業者に依頼するのではなく、この記事を参考にしてトイレつまりを解消してみましょう!自分で解消法を試してもトイレつまりが解消しない場合、また自分で解消法を試すのに自信がない方は、無理をせず、業者に依頼しましょう!

トイレつまりの直し方「完全マニュアル」

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

お掃除シートが原因のトイレつまりの解消法に関するよくある質問

ぬるま湯を使う時のコツを教えてください。
バケツを使って、できれば高い所からゆっくりとお湯を流すことです。また、排水口へ直接お湯が流れるようにしたほうがいいです。
ぬるま湯の使い方はこちら
パイプ洗浄剤を使う時の注意点を教えてください。

使用する時は素手で触らないでください。また、絶対に酸性タイプの洗剤と一緒に使わないことを気をつけてください。
パイプ洗浄剤の使い方はこちら

液体タイプの洗浄剤と粉末タイプの洗浄剤の違いを教えてください。

家庭用洗浄剤のなかに最も主流なのが、液体タイプです。定期的に掃除するときや軽い汚れを取り除きには、液体タイプで十分です。
粉末タイプの洗浄剤は、泡の力によって汚れを落とすことができ、業務用としてよく使用されています。粉末タイプの洗浄剤は長期間ストックできるというメリットがあります。

トイレ小便器のつまりの予防方法を教えてください。

定期的な掃除が必要です。男性用トイレの小便器は、尿石が溜まりやすいので、日常頃から小便器の中に尿石防止の薬などを置いておくのがおすすめです。

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。