トイレのつまりを溶かして解消|トイレ用洗剤の強い力

トイレのつまりを溶かして解消 トイレつまりの直し方

トイレのつまりは、急にやってきます。突然、トイレがつまったら、あなたはどう対処しますか?トイレのつまりにはいろいろな原因があり、それを知っていると簡単につまりを解消することができます。

 この記事では、トイレのつまりの解消法として、つまりを溶かす「すごいトイレ用洗剤」についてご紹介します。是非、つまりの解消に役立ててください。

トイレのつまりを溶かすトイレ用洗剤

トイレのつまりを溶かして解消することができるのが、「トイレ用洗剤」です。現在では、家庭用や業務用などと表記された洗剤が、インターネットやホームセンターなどで簡単に購入することができます

トイレ用洗剤の種類

食器用液体洗剤でトイレつまりを直す方法_TT

トイレ用洗剤には、各メーカーからたくさんの種類が販売されています。洗剤は、およそ3種に分類され、「中性洗剤」「酸性洗剤」「塩素系洗剤(漂白剤)」があり、それぞれ汚れの種類によって使い分けます。

  • 中性洗剤

中性洗剤は、普段のトイレ掃除に利用する体に優しい洗剤です。つまりの原因を溶かす力はほとんど無く、簡単な拭き掃除に利用する洗剤です。

  • 酸性洗剤

つまりを溶かすことが出来るのが酸性洗剤です。酸性とは、pH(ピーエイチ)1~6までの溶液のことです。pHと聞くと高校の科学など頭が痛くなる人もいるかと思います。主成分は、塩酸やクエン酸といった酸性成分です。この酸性洗剤は、汚れの原因である尿石や黄ばみ、水垢といったトイレのつまりの原因を科学的に溶かして、分解します。

  • 塩素系洗剤(又は漂白剤)

酸性と異なる作用によって、トイレのつまりを溶かすことが出来るのが、塩素系洗剤(又は漂白剤)です。こちらの洗剤は、pH8~12までのアルカリ性であり、次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムを主成分にしています。

塩素系洗剤(又は漂白剤)で溶かすことができるつまりの原因には、黒ずみ、カビ、汚物、食べかす、髪の毛、手垢などがあります。

トイレのつまりを溶かすトイレ用洗剤の選択

まず、トイレのつまりの原因から見て行きましょう。トイレ用洗剤によるつまり解消は、確かに万能ですが、それでもすべてを解消できるものではありません。つまりの種類によっては利用できない場合もあるので確認してください。

異物の落ちた

トイレに物を落とすことはよくあることです。見かけるケースとして、スマホやおもちゃ、煙草、トイレットペーパー以外の紙などがあります。これらは水に溶けないので、つまりの原因になります。目に見えない場所まで流れていったら、取り出す方法を考える必要があります。

× この手のつまりは、洗剤で処理しても溶かすことができないので、取り除く以外ありません。

異音

つまりの始まりを告げるサインです。異音としては、水を流すと「ぼこぼこ」と音が鳴るケースで、排水管内に空気がたまって起こります。まだまだトイレはつまっていない状態ですが、そのままに放置したら、どんどん汚物やトイレットペーパーかすが溜まり、最終的にはつまってしまいます。

つまりの初期の段階なので、トイレ洗剤が役立ちます。酸性、塩基性どちらの洗剤でも排水管につまった汚れを溶かして、分解してくれます。

尿石と黄ばみ

トイレの汚れの断トツ1位は、尿石と黄ばみです。これらは人が出す小便が原因の汚れですので、掃除を怠ると必ず発生します。

  • 尿石

小便には、カルシウムイオンと呼ばれる成分が含まれます。カルシウムは歯や骨の成分ですので、トイレの便器に付着すると固まって尿石と呼ばれる固形物になります。頑固な汚れですので、ブラッシング程度では取れないこともあります。排水管などに付着するとさまざまな汚物が絡め付きつまりの原因になります。

  • 黄ばみ

小便の独特のにおいの成分は、アンモニアイオンです。このアンモニアは臭いの原因として、蓄積すると黄ばみに変化します。便器の掃除などを怠ると黄色い黄ばみが発生することはよくあることです。黄ばみには、細菌が繁殖して、異臭の原因になります。

  • 水垢

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやミネラル成分が固まったものです。水が蒸発して固まった白い斑点でなかなか落ちないのが特徴です。

この尿石、黄ばみ、水垢には、「酸性洗剤」がとても効果的です。実は、カルシウムやアンモニア、ミネラルと言った成分は、酸に良く溶ける性質があります。酸性洗剤によって、尿石、黄ばみ、水垢を簡単に溶かすことができます。

汚物や食べ物

大便や食べ物かすなどがつまったトイレのつまり解消には、塩素系洗剤(又は漂白剤)がとても有効です。食べ物かすでは、嘔吐物やラーメンの残り汁、野菜くずなどをトイレに流すケースが見受けられます。

大便や食べ物かすは、すべて生物から作り出されたタンパク質や脂質、食物繊維からなります。塩素系洗剤は、このような物質を溶かすことがとても得意です。塩素の力によって食べ物を溶かして、便器のつまりを解消することができます。

黒ずみ

黒ずみの正体は、「カビ」です。便器の大便や小便による汚れにカビが付着して、黒ずみとして現れます。

塩素系洗剤が、黒ずみ除去に効果的です。カビは生物なので、タンパク質で出来ています。塩素系洗剤のタンパク質を溶かす作用は強いので、カビにも効果的に作用します。

髪の毛、手垢

トイレ用のシートを使って床掃除するとシートにたくさんの髪の毛が絡みつくことがあると思います。ほとんどの人がそのままトイレに流しますが、髪の毛は水に溶けないので、つまりの原因になります。

髪の毛や手垢は、タンパク質成分で出来ています。そのため、塩素系洗剤がとても効果的に溶かすことができます。

まぜるな危険

酸性洗剤と塩素系洗剤(又は漂白剤)は、いろいろな汚れに有効ですが、溶かす作用が違うため、汚れによって効果が異なります。そのため混ぜて一緒に使いたくなる人がいますが、「非常に危険」なので、絶対にやめましょう。

酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜる、または一緒に使うと「塩素系ガス」が発生します。この塩素系ガスは人体にとても有害で、場合によっては死亡するケースもあります。それぞれの容器には「まぜるな危険」と大きく表記されているように、絶対に他の洗剤と混ぜてはいけません。

トイレ用洗剤の使い方

では、トイレ用洗剤の正しい使い方を見て行きましょう。使い方は、酸性洗剤と塩素系洗剤で違いはありません。

用意する用具

トイレ掃除に欠かすことが出来ない用具としては、「バケツ」「柄杓(又は排水ポンプ)」「トイレ用洗剤」「養生用の新聞紙やシート」です。トイレ用洗剤を使う時は、目や口を守るために、ゴム手袋、防護メガネ、マスクを付けるのが良いでしょう。

また、漂白剤の入った洗剤が衣類に付くと白く脱色されるので、色物の服は避け、エプロンなどを身に付けましょう。

トイレ用洗剤によるトイレのつまり解消法

以下の手順に従い、トイレのつまり解消を試みてください。

  • 便器内に水が溜まっていたら、柄杓(又はポンプ)で水を取り出す。
  • 壁や床を新聞紙やビニールシートで養生する。
  • トイレのドアや窓を開け、換気扇を付けて喚起しながら作業する。
  • トイレ用洗剤 (酸性、又は塩素系)を汚れの箇所に直接かける。
  • 便器や排水管のつまりには、トイレ用洗剤を100~200mlくらい入れる。
  • そのまま30分以上放置する。
  • トイレに水を流し、排水するか確認する。
  • つまりが解消されない場合は、もう一度繰り返す。(洗剤は同じ物を使う)
  • つまりが解消された場合は、良く水で洗い流しましょう。
  • 最後にトイレ用シートなどで水気をふき取れば完璧です。

もし、洗剤を変える場合は、良く水で洗い流してから行いましょう。酸性洗剤と塩素系洗剤が混ざると塩素系ガスが発生して大変危険です。

一緒に利用したい用具

トイレ用洗剤と組み合わせて利用することができるつまり解消の用具には、「ラバーカップ」「真空式パイプクリーナー」などがあります。合わせて使うことで、より硬いつまりを解消することができます。

トイレや排水管の破損に注意

築年数が40年以上たっている古いトイレでは、便器や排水管が腐食し、劣化しているケースが多くあります。このような古い便器や排水管に、強力な酸性洗剤や塩素系洗剤を流すと、強いpHによって破損する恐れがあります。

まとめ

トイレの汚れには、トイレ用洗剤が効果的です。こびり付いた汚れはもちろん、トイレがつまった時も、汚れの成分を溶かして、分解することができます。

また、作業も基本的には直接かけるだけの簡単です。トイレのつまりや汚れがある場合は、まず試してみることをおすすめします。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレつまりを溶かして直すに関するよくある質問

酸性洗剤を使っても、つまりが解消できませんでした。どうしたらいいでしょうか?
同じ洗剤で、2度3度試してみることも効果的です。その他にもワイヤーブラシやスッポンを一緒に使うとより効果的です。
洗剤にはいろいろあってどれを買っていいのかわかりません。お勧めはありますか?
まずは、酸性タイプか、塩素系タイプを選択しましょう。その後は、基本的にどのメーカーの洗剤でも大丈夫です。量と値段を確認して選びましょう。
洗剤が使えない時って、どんな時ですか?
溶けない固形物(プラスチック、金属類、生理用品など)がつまった、便器に割れ目がある、水漏れなどの場合は、洗剤を使うのは止めましょう。
簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。
水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。
トイレ小便器のつまりの予防方法を教えてください。
定期的な掃除が必要です。男性用トイレの小便器は、尿石が溜まりやすいので、日常頃から小便器の中に尿石防止の薬などを置いておくのがおすすめです。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!