トイレのつまりに効果的なトイレクリーナーの種類と用途を徹底解説

トイレのつまりに効果的なトイレクリーナーの種類と用途を徹底解説 トイレつまりの直し方

普通、自宅に1つしか無いトイレ、「ぼこぼこ」と異音がなったり、水が流れなくなったりした大変です。普段からトイレ掃除をしっかりとしていないと、トイレのつまりは急にやってきます。でも、トレイ掃除は少しでも少なくしたいですよね

この記事では、トイレがつまった時に利用するトイレクリーナーや、普段の清掃時に利用してトイレつまりの予防に役立つトイレクリーナーをご紹介していきます。

トイレクリーナーとは

ネットで「トイレクリーナー」と検索するとたくさんの種類がヒットして、どれを使って良いか困ってしまいますよね。明確な定義は無いようですが、一般的にトイレ用の洗剤や、水に溶けるシートを指すようです。なおトイレ用のブラシもトイレクリーナーと呼ぶようですが、この記事では、主に洗剤やシートの利用法について、解説していきます。

トイレクリーナー:洗剤の種類

トイレ用の洗剤には、多くのメーカーが実にさまざまな商品を販売しています。どの商品が良いかと選ぶ前に、洗剤の種類について知りましょう。なぜなら、トイレの汚れによって選ぶ洗剤の種類が違うからです。 トイレ用洗剤には、3つの種類があります。

・中性洗剤「花王のマジックリン中性、クレンザー中性」

・酸性洗剤「サンポール、クエン酸」

・塩素系、漂白剤「ドメスト、ハイター、重曹」

この3種類を上手に使って、トイレ掃除をすることで、清潔なトイレを長時間保つことができるようになります。

トイレクリーナー:シートの種類

トイレ用シートは水に溶けやすく、清掃後、そのまま水に流すことができます。シートには薄手や厚手のタイプ、大きさの違いなどメーカーによってさまざまですが、トイレ掃除と言う環境上、なるべく直接触りたくないという思いから、厚手、大判といった単語で選ばれる人も多いようです。

シートには、凹凸が施されているもの、洗剤やアルコール、除菌用の銀成分などが配合されているもの、柑橘系のさわやかな香りが含まれているものなど、さまざまな商品があります。 シートに含まれる薬液成分はあまり強くないので頑固な汚れを落とすことはできませんが、手軽に使えるので日々の清掃や、清掃後の最後の仕上げとして利用することがおすすめです。

シートを使うときの注意点として、床や壁などの清掃の際に、ゴミや髪の毛を一緒にふき取り、そのままトイレに流してしまうことです。トイレシート自体は水に溶けるタイプでも、髪の毛やゴミは溶けないので、排水管をつまらせる原因になることがあります。髪の毛やゴミが多い場合は、大変でも可燃物として捨てましょう。

汚れの原因と使うトイレクリーナー

トイレクリーナーには、3つの洗剤「中性」、「酸性」、「塩素系、漂白剤」があることを説明しました。では、それぞれの洗剤って、どうやって使い分けたらいいのでしょうか?トイレ汚れの原因と選ぶ洗剤をまとめて見ました。

汚れ

おすすめ洗剤

理由

普段の掃除

中性洗剤

中性洗剤は、ちょっとした汚れを落とすのに最適なので、普段使いがおすすめです。

酸やアルカリ成分が強いと、便器や床、壁を傷めたり、手や皮膚に付いたとき危険だったりしますが、中性洗剤は穏やかです。

また、他の洗剤と混ぜて使うこともできるので、安心して利用できます。

尿石、黄ばみ、

水垢

酸性洗剤

尿には、カルシウムとアンモニアが含まれています。これらがトイレに付着したままになると尿石や黄ばみの原因となります。尿石はカルシウムが固まったもので、歯や骨がカルシウムで出来ているように固形するとなかなか取れなくなります。

酸性成分は、カルシウムやアンモニアを分解して溶かす作用があるので、尿石や黄ばみに有効です。

黒ずみ、カビ、手垢、髪の毛

塩素系、漂白剤

黒ずみやカビには塩素系漂白剤が有効です。黒ずみやカビは微生物の繁殖によって起こります。酸性洗剤でも多少の効果がありますが、ハイターなどの漂白剤が最も効果的です。また、配水管につまった髪の毛などを溶かすことができるので、トイレのつまりを解消することが出来る場合があります。

 

トイレクリーナー清掃で準備するもの

さて、トイレクリーナーによる清掃の前に掃除の準備をしましょう。バケツ、ブラシなどの清掃道具と共に、ゴム手袋、防御めがね、エプロン、マスクなどの体を守るものを用意して着用しましょう。酸性洗剤や塩素系・漂白剤は、皮膚や目、口などに付着すると、皮膚のただれや失明の恐れがありますので、特に注意が必要です。

誤って皮膚や目、口などに入った場合、すぐに大量の水で洗い流し、状態が悪い場合はすぐに病院へ行きましょう。また、漂白剤が衣類に付くと、白く脱色されますので、色物の服やジーンズなどを着用して作業することは控えてください。

トイレクリーナーの使い方

酸性洗剤や塩素系洗剤を使う場合は、身の安全を確認しながら、次のような手順で清掃を進めていきます。

・洗剤の場合

黄ばみ、尿石が箇所へは酸性洗剤を、黒ずみ、カビがある箇所へは塩素系洗剤を直接かけましょう

頑固な汚れには、トイレットペーパーなどを汚れ箇所に被せた後、洗剤をかけて、30分以上置いておくのも効果的です。その後、ブラッシングなどをして、汚れを取り除きます。 洗剤は正しく利用することが大切で、洗剤ボトルの使用方法をしっかりと読みましょう。

特に酸性洗剤や塩素系洗剤を使用する時は、手袋、マスク、めがねなどを着用して皮膚や目に洗剤が触れないように注意しましょう。塩素系、漂白剤は、衣類に付くと白く漂白されるので、色物の衣類を着て作業するのは避けましょう。

酸性や塩素系洗剤は、そのままにして置くと、便器や床、壁などの腐食の原因となりますので、最後に水でしっかりと洗い流して、洗剤を取り除きましょう。トイレ用シートなどで拭いて終了です。

・シートの場合

トイレ用シートは、普段使いのちょっとした掃除、日々の掃除の時に使いましょう。抗菌タイプのシートを使用すれば、清潔な期間が延長することが期待できます。

また、酸や塩素系の洗剤を使った後などは、水でしっかり洗い流した後、トイレ用シートでふき取ると、便器や壁、床を酸や塩素で傷めずに済みますので、トイレが長持ちします。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレクリーナーの注意点

トイレクリーナーは、頑固な汚れを落とせるように、酸性や塩素系の濃度が濃い商品が販売されています。以前には使い方を誤って、死亡事故につながった事例もあるので、使用方法をしっかりと確認しましょう。

トイレが破損!

市販のトイレクリーナー洗剤の中には、水で薄めて使用するタイプのものがあります。説明書をしっかり読まず、頑固な汚れを取り除きたいという気持ちから、高い濃度の溶液を直接便器にかける人がいます。

すると、高い濃度の酸や塩素の反応で、トイレの便器自体に亀裂や破損が生じる可能性があり、トイレ自体が使えない状態になってしまいます。修繕費用も高額になるため、間違った使い方はやめましょう。必ず使用方法を確認して、適切に使うことが大切です。

まぜると危険!トイレクリーナー洗剤

酸性洗剤や塩素系洗剤のボトルには、「まぜるな危険」の文字が大きく印字されているのを見たことがあると思います。では、なにとなにを混ぜてはいけないのでしょうか?答えは、酸性の洗剤と塩基系洗剤(漂白剤も含む)を混ぜてはいけません。

この2つの液体を混ぜると体に有毒な塩素系ガスが発生して、密閉された空間では呼吸困難となり意識がなくなります。絶対に混ぜて使用してはいけません。

まとめ

トイレクリーナーは、主に洗剤としてたくさんの種類があります。酸性洗剤は、黄ばみや尿石、臭い除去などに有効ですし、塩素系洗剤は、黒ずみやカビなどに効果を発揮します。また、日々の清掃では、中性洗剤が使いやすく、その用途によって使い分けるのが掃除のコツです。

トイレのつまりはいつ起こるか予想することが難しいですが、日頃、また定期的に清掃していることで、汚れによるトイレのつまりはほぼ解消することができます。トイレクリーナーを上手に活用して、いつも清潔なトイレを維持してください。

トイレのつまりに効果的なトイレクリーナーに関するよくある質問

液体タイプの洗浄剤と粉末タイプの洗浄剤の違いを教えてください。

家庭用洗浄剤のなかに最も主流なのが、液体タイプです。定期的に掃除するときや軽い汚れを取り除きには、液体タイプで十分です。
粉末タイプの洗浄剤は、泡の力によって汚れを落とすことができ、業務用としてよく使用されています。粉末タイプの洗浄剤は長期間ストックできるというメリットがあります。

液体タイプの洗浄剤を使う時の注意点を教えてください。

使用する時は素手で触らないでください。また、絶対に酸性タイプの洗剤と一緒に使わないことを気をつけてください。

おすすめの漂白剤を教えてください。
ハイターはおすすめです。キッチンハイター」は家庭用塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムを含む)です。ただ、非常にアルカリ性の高い製品なので、皮膚についた時は皮膚を傷めるおそれがあります。その場合はすぐに水で充分洗い流してください。

ハイター以外のトイレつまりが解消できる道具を教えてください。

食器用洗剤や重曹・お酢もトイレットペーパー、水溶性の紙類、排泄物などが原因のつまりが解消できます。

尿石が取れるおすすめの洗浄剤を教えてください。

デオライトLがおすすめです。デオライトLは強力な尿石除去剤なので、繰り返し使用しても尿石が取れます。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!