ワイヤーを使ってトイレのつまりを解消|ワイヤーの種類と選び方を徹底解説

ワイヤーによるつまり解消 トイレつまりの直し方

トイレのつまりはいつ起こるかわかりません。ちょっと水の流れが悪い時や、「ぽこぽこ」と異音が生じたときが、つまりのサインです。そんな状態を見つけた時は、すばやく対応して、トイレのトラブルを回避したいものです。

この記事では、トイレのつまりの予防やつまった時の対照法として、ワイヤーを使った洗浄方法についてご紹介します。

ワイヤーにはたくさんの種類がありますが、女性の方でも簡単に作業することができるので、是非、参考にしてみてくさい。使い方によっては、一番簡単かも知れません。

トイレのつまりを解消できるワイヤーとは

トイレで利用するワイヤーと一言でいっても、その種類はたくさんありますが、つまりを解消するために利用する用具なら「ワイヤーブラシ」です。別の呼び名として、業務用のワイヤーブラスの事を「トーラー」と言う事こともあります。

ワイヤーブラシの構造

構造は単純です。数メートルのワイヤーの先にブラシが取り付けられた形状の用具で、便器内又は、排水管にワイヤーを入れて直接、汚れた箇所をブラシで掃除します。

掃除できる場所

ワイヤーブラシは構造上、細い排水管の清掃に役立つ用具です。ブラシの付いた先端を排水管の奥へ入れて行き、汚れを洗浄します。そのため、トイレの他に、台所、洗面台、浴槽などの水回り全般の排水管清掃が可能です。

ワイヤーブラシの種類と価格帯

ワイヤーブラシには、実にたくさんの種類があります。その構造から、大きく3種類に分類できるようです。

  • 手軽に扱えるむき出し型

一番単純な構造で1~10mのワイヤーの先にブラシが取り付けられ、ワイヤーがむき出しの状態の用具です。特徴は価格が安い点です。通常1,000~3,000円程度で購入することができます。ホームセンターなどでも売られています。

一方、ワイヤーがむき出しなので、長いワイヤーは絡まり、かさばって収納が不便な場合が多いです。ホースのようにとぐろを巻いて、ダンボールなどに保存します。

  • ワイヤー収納型

ワイヤーの巻き取る収納ボックスが付いたタイプで、片付けが容易です。手動でワイヤーを巻き取るタイプなら、予算3,000円~1万円程度になります。

  • 電動型

ワイヤーが自動で回転して、強力な洗浄効果を発揮する用具です。つまった箇所でワイヤーを電動で回転させることができるので、掃除が簡単に行え、手動よりもきれいに洗浄することができます。価格帯は、1万~15万円程度する業務用の用具です。

高額な業務用ワイヤーになると強度、柔軟性、回転の自動化、ワイヤーの自動回収など、さまざまな機能が取り付けられています。

  • その他

ワイヤーの先端のブラシにも特徴があります。一般的には固めのブラシが取り付けられていますが、頑固な汚れにも対応できるように、金属製の硬いワイヤーがねじれ構造になっている用具もあります。

ワイヤーブラシによるつまり解消の原理

ワイヤーブラシによるつまり解消の原理は、単純に物理的な力でつまりを粉砕してきれいにします。便器の排水溝からワイヤーブラシを挿入し、つまっている箇所を直接ブラシで洗浄することでつまりを解消します。

  • 柔軟性

便器の内部は複雑な構造をしているため、ワイヤーは、排水管を進むため、折り曲り、やわらかい柔軟性が必要です。また、その一方で、つまりを解消するために高い強度が求められます。

ほとんどの商品が、柔軟性に優れ、ワイヤーを自由に変形させることが可能です。ただ、あまり細いワイヤーだと力が入りにくいため、洗浄効果が落ちてしまいます。

  • 回転力

ワイヤー洗浄では、ワイヤーを回転させることで排水管の汚れを落として行きます。用具によって、回転を電動で行うことが可能なものがあり、大変便利です。排水管の中でブラシを回転させることで、効率よく汚れを落としていきます。

  • 摩擦力

回転と同時に、ワイヤーを排水管の中で前後に動かし、摩擦力の力を使いきれいにすることができます。手動で行うワイヤー清掃を行う場合、こちらの摩擦力が主要な洗浄方になります。細いワイヤーだと力が入りにくいので、ある程度、強度があるワイヤーがお勧めです。

 

ワイヤーブラシの利点と欠点

使用方法は、いたってシンプルなワイヤーブラシですが、トイレのつまりでも解消できる原因とできない原因があります。また、使用上、注意しなければいけない点などありますので、確認していきましょう。

トイレのつまりの原因

まず、トイレのつまりの原因と、ワイヤーが使用可能か確認しましょう。トイレのつまりの原因は、簡単に分類すると2つあります。1つは、「水に溶けない固形物を詰まらせた場合」、2つ目は「日々の汚れによる蓄積」です。

〇 水に溶けない固形物とは

トイレがつまる原因で多いのが、便器内に不溶物を流すことです。例えば、鍵やライター、タバコ、スマホ/携帯、おもちゃ、生理用品、化粧品、ヘアピン、残飯、ガム、観葉植物など、実にさまざまな物が考えられます。誤って流すものや、意図的な物もありますが、基本的にこれらは水に溶けないため、排水管の奥で狭くなっている箇所ではつまり安くなります。

〇 日々の汚れの蓄積とは

トイレは毎日使うものです。毎日、掃除していれば汚れの蓄積は抑えられますが、それでも、便器内の見えない箇所や排水管には、少しずつ汚れが蓄積してきます。特に、尿石や黄ばみ、雑菌の繁殖、黒カビや汚物、トイレットペーパーの残りなど、つまりの原因はたくさんあります。

実は、ワイヤーブラシは、使い方によってはどちらのつまりも解消する事ができる優れものです。

ワイヤーブラシの利点

ワイヤーブラシは手軽に利用しやすいため、さまざまな利点があります。

  • 手の届かない排水管の中を清掃できる

つまりの箇所は、基本的に便器の見えない場所です。そのため一般的なブラシではつまりを解消できません。ワイヤーブラシは、排水管の奥まで進む事ができるので、つまった箇所を直接清掃することができます。

  • 便器の複雑な排水管の奥へ進める

トイレの便器から排水管までの経路は、実に複雑で入り組んでいます。ワイヤーブラシは、ワイヤー部分に柔軟性があるので、排水管の奥へどんどん進んでいくことができます。

  • 落とした固定物を取る事もできる?

スマホや時計など、誤った便器に落とした場合、見えない位置まで流れると基本的に取り上げることが難しくなります。そんな時、利用できるのがワイヤーで、特に針金ハンガーを使用します。針金ハンガーをベンチで切断し、長いワイヤーの先をフック状に形成します。便器からゆっくり入れて、落とした物をひっかけるように問い上げます。便器の手前側に詰まっている時には、役立つ方法です。

  • トイレ以外で利用

ワイヤーブラシは、水回りの作業にとても重宝します。そのため、トイレ以外でも台所、洗面台、浴室、選択置場の排水管など、いろいろな場所で使う事ができます。

ワイヤーの欠点

簡単に使いやすいワイヤーブラシですが、まったく問題が無いわけではありません。ここからは、ワイヤーブラシの欠点について、説明していきます。

  • 届かない箇所もある

ワイヤーは10mの長さと非常に長いものがありますが、実際には、トイレの排水管の奥へしっかりと進めるには、練習が必要です。ワイヤーを前後に動かしたり、回したり、力が必要だったりと。トイレの排水管をイメージして奥へ進めなければならないので、結構、難しいかもしれません。当然、奥へワイヤーを入れられなければ、つまりの原因を解消することができません。

  • 力が入りにくい

ワイヤーを奥に入れる時にコツが必要ですが、数mと押し込むワイヤーが長くなれば、それだけ、難しくなります。また、ワイヤー自体が細いと、手の感覚などが分かりにくくなり、より操作が困難になります。

  • 掃除が面倒

トイレのつまりにワイヤーを使った場合、100%ワイヤーは汚物が付きます。もちろん、衛生的に汚いので、しっかりと洗浄する必要があります。しかし、ワイヤーは柔軟性を高めるため、らせん状の形状をしている物が多く、汚物が中に入り込んで、洗いにくい形状もあります。また、長さも5~10mとあると、それだけで洗うのが大変です。

  • さびや腐敗することがある

洗浄が十分にされていないと、ワイヤーに汚物が残り、腐敗や臭いの原因になります。また、洗剤や水でしっかりと洗浄しても、乾燥が不十分だと、保存している間にさびてしまいます。あまり頻繁には使用しない用具ですので、2回目に使う前にさびていては、もう使いたく無くなります。

  • 便器や排水管を破損させることもあり

ワイヤー操作自体は、手探り行うため、どうしても力が入ります。特につまった箇所では、ワイヤーを前後に動かしたり、回転させたりして、激しくブラッシングします。ワイヤーはステンレスやカーボン素材が使われているため、あまり力を入れると便器や排水管を傷つける可能性があります。

さらに、電動のワイヤーブラシは更に強力なので、より注意が必要です。もし、築年数が経過した住まいなら、排水管も劣化している可能性があるので、注意しましょう。

まとめ

ワイヤーブラシは、トイレのつまりを物理的に破壊することができ、作業が簡単で、つまったトイレに便器側から直接、ワイヤーを入れていくだけのものです。そのため、女性でも簡単に行えるので、トイレのつまりが発生した時は、まず試してほしい解消法です。ただし、使用後は、しっかりと洗浄と乾燥を徹底して、腐食やさびを予防しましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレつまりをワイヤーで解消に関するよくある質問

ワイヤーの長さはどのくらいの用具を買えばいいですか?
一般的なトイレのつまりを解消するには、5m程度あれば十分です。もし、排水管清掃まで行う時は、もっと長い用具を用意しましょう。
ワイヤーの洗浄方法を教えてください。
ワイヤーの洗浄には、水か、中性タイプの洗剤を使い洗った後、しっかりと乾燥させましょう。
ワイヤーの洗浄は、酸性、塩素系洗剤では、駄目ですか?
ワイヤーの種類によっては、酸性、塩素系洗剤によって腐敗することがありますので、ワイヤーの素材を確認して選びましょう。
ワイヤーを使うときの注意点を教えてください。
ワイヤーを使用する時、汚水が飛び散る可能性がありますので、ビニールシート、雑巾、新聞紙などで養生しましょう。
簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。
水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!