重曹でトイレつまりを直す|お酢をお湯で溶かして即解消!

重曹でトイレつまりを直す|お酢をお湯で溶かして即解消! トイレつまりの直し方

トイレが終わったので、流したのに水が流れないといった経験をしたことはないでしょうか?紙を大量に流してしまったり、排泄物が固くて大きいので流れない時、どう対処したら良いでしょうか。

  • トイレットペーパーを大量に流してしまった場合
  • 排泄物が大きくて流れない場合
  • 何を流したのかわからない場合

トイレが流れなくなるのは誰にでも起こる可能性があります。そのままにしておくとトイレを使用することが出来なくなりますし、水が漏れてしまう場合もあります。今回はトイレがつまった時に対処法をご紹介します。

トイレットペーパーを大量に流してしまった場合

トイレに流して良いのは、トイレットペーパーだけですが、トイレットペーパーを一度に大量に流してしまうとつまりの原因となります。トイレットペーパーは水で溶けると聞いたことのある方も多いでしょうが、実は繊維が解けている状態なのです。パイプの口は狭くなっているので、一度に大量に流してしまうとパイプの口から流れることが出来ずにつまってしまいます。

 

トイレットペーパーを多めに使用する場合にはこまめに流すようにしてください。トイレットペーパーは、トイレに流すことができるからといって一度に大量に流してしまうとトイレがつまる原因となります。

排泄物が大きくて流れない場合

便秘症の人に多いのが、排泄物が大きい場合です。トイレットペーパーをたくさん使用していないのにつまってしまいます。まずは、トイレはどういった状態でつまっているのか確認をする必要があります。

もう一度流してみる

もう一度流すと流れる場合があります。特に大きな排泄物の場合は、便器内にそのまま残ることが多いですが、何回かに分けると流れていきます。この時に水が流れずに水位が上昇する場合にはすぐに注意してください。

バケツで流してみる

トイレの排水はタンク内に水が溜まるまで流せないようになっています。そのためにすぐに何度も流すことが出来ません。そういった場合には、バケツに水を汲んでトイレへ流してください。一度に大量の水で流せればつまりを解消できることがあります。完全につまっている場合には、便器内に水が溜まってしまい溢れてしまうので、少しずつ気を付けながら行なってください。

何を流したのかわからない場合

いつもと同じように使用していてもつまる場合もあります。そういった場合に、焦って何度も流してしまうと、水が流れずにトイレから水が溢れてしまう場合があります。何度もトイレを流さずに、まずはバケツから水を流して状況確認をしてください。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

重曹を使用する対処方法

トイレットペーパーや排泄物の簡単なつまりであれば、重曹を使用することでトイレのつまりを対処することが出来ます。重曹を使用してトイレのつまりを対処する場合は、以下の物をご用意ください。

  • 重曹、カップ1/4
  • お酢(クエン酸)、100ml
  • ぬるめのお湯、便器の半分くらいの量

ベーキングパウダーを使用することで、重曹とお酢を使用した時のように炭酸ガスを発生させることも出来ます。手元にベーキングパウダーしかない場合にはおすすめですが、重曹とお酢を使用した場合に比べて効果は半減されてしまいます。最近では、百均に重曹も売っていますし、お掃除にも使用することが出来ます。重曹をあらかじめ購入して保管しておくことをおすすめします。

準備

まずはトイレのコンセントを抜いてください。何度もトイレの水を流したり、バケツから水を流したままで水位が高いままの場合には、トイレ内の水を汲み出しておいてください。炭酸ガスを発生させるので、窓がある場合には必ず換気を行なってください。窓がない場合には、トイレの入り口の扉を開けたまま行なってください。

実際に重曹をトイレに入れましょう

準備ができれば、実際に重曹をトイレに入れてみましょう!

  1. トイレに重曹をカップ1/4入れます。必ずトイレの水の中に落ちるようにしてください。
  2. お酢(クエン酸)を100ml(カップ1/2)をトイレの水の中に入れます。
  3. ぬるめのお湯を少しずつ入れてください。すると徐々に泡立ってくるのがわかります。便器の半分くらいの量まで、ぬるめのお湯を入れてください。
  4. 1時間程度放置してください。
  5. バケツに水を入れて少しずつ流してみてください。つまりが解消されていれば水が流れていきます。

以上が重曹を使用してトイレのつまりを対処する方法です。ポイントは、重曹とクエン酸を混ぜて炭酸ガスを発生させることです。使用する量が覚えにくい場合には、お酢(クエン酸)は重曹の2倍の量が必要と覚えてください。使用する量が多くても少なすぎても適切な炭酸ガスを発生させることが出来なくなりますので、正しい量で行なってください。

つまりが解消できない場合には業者に依頼をする

重曹を使用する上記の方法を試しても、トイレのつまりが解消できない時には業者に依頼をしましょう。このまま続けてもさらに事態を悪化させてしまう場合がありますので、軽度なつまりの時に業者に依頼を行なった方が費用も安く抑えることが出来ます。インターネットで見積もりをする時には、複数の修理会社へ見積もりをすることをおすすめします。

重曹を使用して解決する対処法まとめ

今回は、トイレにつまってしまった場合の対処法をご紹介しました。トイレがつまってしまうとその後、使用することが出来なくなってしまいますので、落ち着いて対処してください。

軽度なつまりであれば、今回ご紹介した方法で対応すると、すぐにつまりを解消することが出来ます。つまってしまったらすぐに対処しましょう。トイレにつまってしまった場合の重曹の使い方のポイントをまとめました。

  • バケツで水を流して状況の確認をする。
  • 便器内に熱湯を入れない。
  • 重曹だけでなく、お酢やクエン酸も併用すると効果大。
  • それでもダメなら業者を呼ぶ。

いかがでしたか?今回は、トイレがつまった時に重曹を使用して解決する対処法についてまとめました。トイレットペーパーのつまりや排泄物のつまり程度であれば、対処することが出来ますが、難しいと感じたら悪化する前に業者に連絡するのが一番です。普段からトイレつまりを起こさないように、こまめに流したり、フタを閉めて知らないうちに何か入らないように予防をしましょう。

重曹を使用して解決する対処法に関するよくある質問

バケツを使うときのコツを教えてください。

コツとしては、できれば高い所からゆっくりとお湯を流すことです。また、排水口へ直接お湯が流れるようにしたほうがいいです。
パケツの使い方はこちら

重曹とお酢を使用する際のコツを教えてください。

仕上げにラバーカップを使用することでよりスッキリになれます。
重曹とお酢の使い方はこちら

重曹はない時としたらいいですか?

ベーキングパウダーは重曹とお酢に代用できます。しかし、効果は半減なので、使用する際は量が倍にした方がおすすめです。

重曹以外にトイレつまりが解消できる道具を教えてください。

日常的に家にある物なら、食器用洗剤もトイレットペーパー、水溶性の紙類、排泄物などによるつまりが対処することができます。

重曹はどこで買えますか?

100均で購入できます。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!