おむつが原因のトイレつまりの解消法

おむつが原因のトイレつまりの対処法 トイレつまりの直し方

おむつを扱っていると、ふとした時にトイレの中に落としてしまい、気付かぬうちにトイレを流してしまい大変な思いをした人も多いのでないでしょうか?トイレにおむつを落としてしまってもすぐに対応することにより、トイレつまりを起こさずにトイレを快適に使用する事が出来ます。

  • トイレを流す前に拾う。
  • 奥の方にあるのが見える場合には、ゴム手袋をつけて取り出す。
  • トイレ便器を外して、排水口にあるおむつを取り出す。

トイレのどの位置におむつがあるのかによって対応の仕方が違ってきます。すぐに気付けば対応も簡単に済みますが、排水口にまで押してしまった場合には、トイレの便座を外さなければいけません。今回は、トイレ内におむつを落としてしまった場合の対処法をご紹介します。

トイレを流す前にまず拾う

トイレから立ち上がった際や、汚れたおむつを捨てようとして時に、何かの拍子でトイレ内に今履いていたおむつや新品のおむつをトイレ内に落としてしまう事があります。そういった時には、気付いた時にトイレ内から拾うようにしましょう。

しかし、小さいパットの場合や、おむつがボロボロになってしまってトイレに落ちた時には、使用したトイレットペーパーと間違えてしまう場合があります。排水口にまで進んでいないのであれば、ゴム手袋を使用することにより、手前に落としてしまったおむつを簡単に取る事が出来ます。

落ちたのが、わかった時点ですぐにゴム手袋を装着して、便器内におむつが落ちてないか探してください。すぐに対応できればできるほど重大なトイレつまりにならずに済みます。おむつは吸水ポリマーを使用しているので、時間との戦いでもあります。

奥につまったオムツが見える場合

奥の方にトイレットペーパーが見える場合には、2通りのやり方があります。ゴム手袋を使用して手をトイレの中に入れておむつを取り出す方法です。もう1つは、ワイヤーブラシを使用する方法です。

ゴム手袋を使用してオムツを取る

ゴム手袋を使用して、奥の方に手を入れて取り出す方法です。ゴム手袋を装着して、トイレの中に手を入れてます。手が届く範囲におむつがありますが、トイレの奥の方に手を入れることになります。おむつを掴んで取り出す事ができれば、トイレがつまる事なく通常通りに使用できるようになります。おむつを取り出す事が出来ても水を流してつまりが直ったか確認をするようにしましょう。

ワイヤーブラシを使用して取る

トイレの中に手を入れてもおむつをつかむ事が出来ない場合には、ワイヤーブラシを使用しておむつを取り出します。ホームセンターで販売されていますが、購入時には、出来るだけ強度が強く、1〜3mくらいの長さがあるワイヤーブラシが使いやすいです。

オムツが取れない場合

トイレの中に手を入れても、ワイヤーブラシを使用してもおむつを取る事が出来ない場合には、すぐに専門の業者に修理の依頼を行なってください。そのままにしていると、水に流すことのできる場合は時間と共に水に溶けますが、おむつは吸水ポリマーを使用しているので、トイレつまりが悪化してしまいます。

修理業者に依頼する時には、止水栓を止めてから専門業者の見積もりを依頼してください。修理業者に依頼する場合には、必ず複数の修理会社から見積もりを取るようにしてください。見積もりの内容を確認する際には、納期と費用は必ず確認をしましょう。

オムツを流してしまった場合

オムツを流してしまった場合、最終的な方法として便器を取り出す方法があります。便器を取り出すのは、専門の修理業者が行うような作業内容です。自身がない人は無理はしないでください。出来そうにないのであれば、専門業者に修理を依頼してください。

便器を取り外し方

  1. 止水栓を占めて水を止めます。マイナスドライバーを右回りに回して水を止めてください。
  2. モンキーレンチを使って給水管の取り外しを行います。備え付けの部品は、なくしやすいので大切にとっておきましょう。
  3. 灯油ポンプを使ってタンク内と便器の水を抜き取ってください。
  4. タンクに付いているものを全て外します。その後、便器からタンクを取り外します。落とすと割れてしまうので注意してください。
  5. 便器を固定しているナットを取り、便器を持ち上げて取り外します。ナットや細かい部品はなくさないように気を付けてください。
  6. 便器を持ち上げるとつまっているおむつが見えるので、取り除きます。他にもつまっているものがないか念の為確認をしてください。
  7. 今まで便器を取り外してきた作業の逆の手順で、今後は便器を取り付けます。細かい部品をなくさないようにしっかりと取り付けましょう。

便器を戻し終わったら、水漏れがないか確認を行います。トイレの水を流しても良いですが、組み立てに問題があり、水漏れが発生する場合に床が水浸しになってしまいます。念の為、バケツに水を汲んでから少しずつ水を流すことをおすすめします。

トイレにおむつがつまった場合の対処法まとめ

おむつを使用している場合には、トイレでおむつを交換する機会が多いので、使用したおむつやこれから使用するおむつをトイレ内に落としてしまう事が多いです。気付いた時におむつを取る事ができれば、トイレつまりの症状が悪化する事なくすぐに対処する事が出来ます。トイレにおむつがつまった場合の対処法についてまとめました。

  • 手の届く位置にあるのであれば、ゴム手袋を使用してすぐに取り出してください。
  • 奥の方におむつがあるのが見える場合も、手の届く範囲でゴム手袋を使用しておむつを取り出してください。
  • 奥にあって手がトイレの中に入らない場合は、ワイヤーブラシを使用してください。
  • ワイヤーブラシを使用してもトイレからおむつを取り出す事が出来ない場合は、すぐに業者に修理の依頼を行なってください。

トイレにおむつを落としてしまっても、すぐに拾う事ができれば大事に至りません。しかし、トイレにおむつを落としたままにしてしまうと、トイレットペーパーと違い水に溶けない成分の為、トイレの故障の原因となります。水に溶けるのでなく、反対に吸水ポリマーを使用しているので、トイレにおむつを流してつまった場合には、完全にトイレがつまる前に早めの対応を心掛けてください。

トイレつまりの直し方「完全マニュアル」

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。毎日の生活で、トイレは欠かせない場所です。いつでも快適に使えるといいのですが、トイレにおけるトラブルはどの家庭でも多くあります。一番多いのは、「トイレつまり」です。トイレ詰まりは急に起こ...
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
トイレつまり・溢れの解決を24時間365日受付中。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり