ブログ

トイレがつまったけれど、直し方がわからない人も多いのではないでしょうか?トイレがつまってしまっても放置していると自然と直る場合もありますが、ほとんどの場合は直りません。

  • 専用の道具を使用してつまりを直す。
  • 自宅にあるものを利用してつまりを直す。
  • 重曹とお酢(クエン酸)を使用して直す。

トイレがつまってしまっても直す方法を知っていれば、トイレつまりは怖くありません。毎日使う場所だからこそ、つまることが多くあります。今回はトイレがつまってしまった場合の直し方をご紹介します。

専用道具を使ったトイレつまりの直し方

トイレがつまった時には、専門の道具を使用することにより、つまりを解消することが出来ます。専門の道具は、ラバーカップ(スッポン)とパッコンバーの2つがあります。ラバーカップは見たことある人も多いのではないでしょうか?使用方法は、排水口に押し付けた後に引き上げることにより吸引する力が発生して、その吸引力を利用してつまりを解決します。

パッコンバーは、もラバーカップと同じように吸引力を使用してつまりを解消する道具です。ラバーカップと違うのは、先端のゴムの部分が四角く、平らになっているのが特徴です。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

自宅にある道具を使ったトイレつまりの直し方

トイレがつまってしまった場合に、専門の道具を持っていれば直すことができる人も多いです。しかし、専門の道具を持っている人は多くいません。そのような時には、自宅にあるもので代用しましょう。

ペットボトルでトイレつまりを直す方法

ペットボトル使ったトイレつまりの解消法

ラバーカップと同じ働きをすることができるのが、ペットボトルです。ペットボトルの底をハサミを使って少し切ります。ペットボトルを排水口の奥まで入れます。その後、ペットボトルの口を塞いだ状態で引いたり押したりします。何度か行うことで、つまりの原因が取り除かれて、つまりを直すことが出来ます。

ペットボトルの大きさは、500mlがおすすめです。排水口に合った大きさのものを使用してください。ラバーカップを使用する時と同様に手袋をつけて作業を行うことをおすすめします。跳ね返りに注意してください。

針金ハンガーを使用する場合

針金ハンガーを使ったトイレつまりの解消法

ペットボトルがない場合には、針金ハンガーを使用してつまりを直すことも出来ます。針金ハンガーを使用する方法は、「パイプクリーナー」と同じ原理でつまりを直します。

針金ハンガーの取って部分をペンチで切り取ります。排水口に入れる部分を輪っかにしたら道具の完成です。排水口に輪っかにした部分から奥に入れます。つまっているものに当たったら優しく動かして少しずつ削りましょう。ある程度つまっているものが削られてくると水が流れるようになります。

針金ハンガーは固すぎるものを選ぶとうまく排水口に入れることが出来ません。柔らかい針金ハンガーを使用することをおすすめします。

トイレに直接手を入れる場合

目で見てもつまりの原因がわからない場合には、直接トイレに手を入れてつまりの原因を取り除きます。素手のままトイレに手を入れられる人は少ないので、ゴム手袋とビニール袋を準備しましょう。

ゴム手袋を着用し、二重にしたビニール袋に手を入れれば準備完了です。手をグーにしたまま排水口に手を入れます。ラバーカップと同じように引いたり押したりします。何度か行なっているとつまりの原因が取り除かれて水が流れるようになります。水が流れるようになったら、ビニール袋が流されないようにすぐに手を抜いてください。

トイレの中に手を入れるのはハードルが高いので、専門の道具やペットボトル、針金ハンガーがない場合の最終手段にしましょう!

重曹とお酢(クエン酸)を使用する場合

重曹・酢・お湯を使ったトイレつまり直し方説明図

トイレに対して直接道具を使用しなくても、炭酸ガスを発生させてつまりを直す方法もあります。重曹とお酢(クエン酸)を使用して化学反応を起こして炭酸ガスを発生させます。必要な材料は以下のものをご用意ください。

  • 重曹、カップ1/4
  • お酢(クエン酸)、100ml
  • ぬるめのお湯、便器の半分くらいの量

まずは、トイレの止水栓を止めます。カップ1/4の重曹をトイレの水の中に入れます。次に、お酢(クエン酸)100mlをトイレの水の中に入れます。重曹とお酢(クエン酸)をトイレに入れ終わったら、便器の半分くらいまで水が入るようにバケツに入れたぬるま湯を少しずつ入れます。トイレの中を半分くらい満たすことが出来たら、1時間くらいそのままにしておきます。1時間後、バケツに入れた水を少しずつ流してみてください。つまりが直っていれば水が流れることでしょう。

つまりが直らない場合

今まで紹介した方法を試してもつまりが直らない場合には、すぐに専門の業者に修理を依頼してください。簡単なつまりであれば、今回紹介した方法ですぐにトイレのつまりを直すことが出来ます。しかし、トイレのつまりを直すことが出来ない場合は、止水栓を止めて業者に修理を依頼することにより、重大なトラブルになる前に安く修理を行うことが出来ます。

トイレがつまった時の直し方のまとめ

今回は、トイレがつまった時の直し方をご紹介しました。トイレは毎日使用するので、つまったままだと使用することも出来ず、最悪の場合高額な費用で修理を行うことになります。軽度のつまりであれば簡単に自分で直すことが出来ます。

トイレがつまってしまった場合の直し方をまとめました。

  • 専門の道具を持っているのであれば、使用して原因を取り除く。
  • 専門の道具がない場合には、自宅にあるもので代用する。
  • ペットボトルを使用するとラバーカップ(スッポン)の役割をすることが出来る。
  • 針金ハンガーでパイプクリーナーの代用を行える。
  • 手を入れてつまりの原因を取り除く。
  • 重曹とお酢(クエン酸)を使用することで炭酸ガスを発生させてつまりを直すことが出来る。

専門の道具を持っているのであれば、使用することですぐにトイレのつまりを直すことが出来ます。専門の道具がない場合でも、代用できるものはあります。ペットボトルや針金ハンガーがある場合におすすめです。

軽度なつまりであれば、すぐに直すことが出来ますが、そのまま放っておくと高い修理費用を支払うことになります。トイレの水を流す感じが少しでも違うなと感じたら早めに直すことをおすすめします。

トイレつまりの直し方「完全マニュアル」

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

トイレがつまった時の直し方に関するよくある質問

ラバーカップを使う時のコツを教えてください。

ラバーカップのゴムの部分全部、水に浸かって、ゆっくりとラバーカップを押し込んで、もう押し込めないところまで押したら、勢いをつけてグッと引っ張ります。
ラバーカップの使い方はこちら

パッコンバーの使い方を教えてください。

パッコンバーの使い方は、簡単です。パッコンバーをそっと押して便器に密着させて、すっと引くだけです。
パッコンバーの使い方はこちら

ペットボトルを使用する際の注意点を教えてください。

ペットボトルの切り口は鋭利なため、便器の排水口の損傷原因になる可能性もありますので、切り口をビニールテープなどを使って、保護して使いましょう。
ペットボトルの使い方はこちら

針金ハンガーを使用する際の注意点を教えてください。

針金ハンガーを無理やり押し込んでしまうと別箇所を傷つけるかもしれないので、十分注意してください。
針金ハンガーの使い方はこちら

重曹とお酢を使用する際のコツを教えてください。

仕上げにラバーカップを使用することでよりスッキリになれます。
重曹とお酢の使い方はこちら