トイレの水が減らない/引かない/流れていかない|原因と対策を徹底解説

水が減らない、流れていかない トイレつまりの直し方

一家に1台のトイレ、もし、つまったらどうしますか?自分で解消します?それとも業者も呼びますか?いずれにせよ、早く解消しなければ大変です。トイレのつまりは急にやってきます。その中でもトイレの水がしっかり流れないトラブルが一番はじめに予兆として確認できるはずです。

この記事では、トイレの水が流れない場合、どのようなトラブルが考えられるか、また、その対処法はどうやったらいいか解説してきます。トイレのつまっても、すぐに対応できるようにしっかりと確認してください。

状況をしっかりと確認しよう

トイレの水が流れていかない原因にはさまざまな理由が考えられます。水が流れていかない状態を良く観察して、対処を取りましょう。汚物がたまっていたら、一度、バケツなどに取り除きましょう。そして、次のことを1つずつ確認していきます。

タンクからは水がしっかりと出ていますか?

最新のトイレでは、背の部分にトイレタンクの無い形状のものがありますが、一般的には、トイレの後ろの背部にトイレタンクがあり、レバーを回し、水を排水すると思います。まず、レバーを引いて、水が出てくるか確認しましょう。この段階で、水がなれなければトイレタンクに問題があります。

バケツ一杯の水で試してみる

トイレタンクからしっかり水が排出される場合は、トイレのつまりが原因の可能性があります。そこで、バケツ1杯の水を用意して、勢い良く便器内に入れてみましょう。多少のつまりなら、勢い良く水が排水されるので、つまりが解消される場合があります。

水が流れず、便器内に貯まるようなら、トイレのつまりが原因となります。つまりの原因を取り除くような処置をしましょう。

つまりを解消する原理

トイレのつまりの原因にはさまざまありますが、大まかに「水に溶けない不溶物を流した」、「日々の汚れが原因で排水管がつまった」、「トイレ自体の故障」3点です。上記のように背部のタンクに異常が無く、バケツの水が流れないようなら、つまりが最も可能性が高いです。

何か大きなものを流した等、思い当たる節がなければ、日々の汚れの蓄積による排水管のつまりが原因です。ただ、自分は知らなくても、小さな子どもがおもちゃなど、いたずらで流すこともあるので、家族に聞いてみましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレの流れを改善するつまり解消法

さて、排水管のつまりが、水の流れを悪くしている原因ならば、いくつか自分でできる対処方法があります。一方、タンク自体の問題ならば、専門業者を呼ぶことをおすすめします。

ここでは、トイレの排水管のつまりを解消する方法についていくつか紹介していきます。ご自分の状況に合った方法を選んでください。

大きな固形物がつまっている場合

水に溶けない大きな固形物がつまっていることが判明した場合の対処方法です。想定できる固形物として、子どもおもちゃ、小さなボール、スマホ、観葉植物の葉、ビニール類、布類、鍵、財布などでしょうか。トイレは構造上、奥へ行けばいくほど、排水管はせまくなっていくので、奥でつまることが良くあります。

まず、トイレを覗き込んでみましょう。見える位置に固形物があるなら、奥へ行かないように取り除きましょう。しかし、大抵見えないことが多いです。そのような時は、以下の用具を試してみましょう。

  • ワイヤーブラシやハンガーの針金

簡単なやり方としては、ワイヤーブラシやハンガーの針金を形成して排水管に入れることで、排水管のどこでつまっているのかおよそ検討が付くことがあります。スマホなどの大きなものは、手前側にあることが多いのです。

ハンバーの先をフック状にして、引っ掛けるって言う方法も良く利用されます。ただし、ワイヤーが届かないくらい奥につまったものは取り除くことができません。

  • ラバーカップ

トイレのつまりといったら、これを思い出す人も多いですが、スッポンでおなじみのラバーカップです。棒の先端にゴム状のラバーカップが付いていることから最近ではこの用語で呼ばれることが多いようです。しかし、ラバーカップ自体、和製英語で、英語圏では伝わりません。

さて、ラバーカップをトイレの便器に押し付けて、力を込めて引き抜きましょう。ラバー部の吸引力の力によって、つまった固形物が取れて入り口付近に戻ってくることがあります。

  • 真空式パイプクリーナー

ラバーカップと同じように利用できるのが、真空式パイプクリーナーです。使い方は、ラバーカップと同じですが、吸引力がラバーカップのおよそ5倍以上あるので、強力につまった固形物を回収してくれます。

日々の汚れによってトイレの排水管がつまっている場合

トイレは毎日使うもの。日々の清掃もしっかりしなければいけませんが、時間が無く週1回、月1回行う程度の人が多いようですし、そもそも排水管の清掃となると毎日することはほとんどありません。

今回のような水の流れが悪い、しっかり引かない場合、少しずつは流れているので、完全につまる前だと予想できます。完全につまってしまう前にしっかりと解消しましょう。

  • ワイヤーブラシを使う

市販のワイヤーブラシは、長いもので30m以上もある商品がありますが、ご家庭で使うなら、10m~30mもあれば十分だと思います。まず、トイレの便器側からワイヤーをゆっくり入れてみましょう。トイレの奥は湾曲した複雑な構造なので、ワイヤーを出し入れしながら、進めていきます。

ワイヤーの先が進まなくなった箇所につまりがあります。ワイヤーを出し入れして、つまった箇所を念入りにブラッシングしましょう。物理的につまりが壊れれば、水が流れるようになります。

  • ラバーカップ、真空式ポンプクリーナーを使う

やり方は、先ほどの説明と一緒です。トイレの便器内にラバー部分を密着させて、引っ張ることで、圧力の力でつまりを解消します。用具を引いたり、押したりするこで、排水管のつまりが壊され、水が流れるようになります

  • トイレ用洗剤を使う

つまりの原因が、日々の汚れなら、トイレ用洗剤で取り除けることがあります。使用する洗剤として、「酸性洗剤」か「塩素系・漂白剤」のどちらかになります。決して、一緒には使わない、混ぜないことを徹底してください。「まぜるな危険」です。

トイレ用洗剤は、トイレ便器に200ml程度、入れて1時間くらい放置します。その間、薬液が排水管の奥に浸透し、汚れを溶かしてつまりを解消してくれます。自分ではほとんど何もしないので、作業が簡単です。最後に水を流してつまりの状況を確認します。

  • 高圧洗浄機を使う

ワイヤーブラシ、ラバーカップ(真空式パイプクリーナー)、トイレ用洗剤のどれを試しても、トイレの流れが正常に戻らない時は、高圧洗浄機を使うことができます。ラバーカップなどとは比べものならない高圧により水を排出します。水圧の力でつまりの原因を一気に壊すことができます

ただ、高圧洗浄機は、室内のトイレ側からは使いません。トイレ内で使うと高い水圧によって、汚物がトイレ中に飛散することがあります。また、トイレの陶器も傷つける恐れがあるので止めましょう。

高圧洗浄機は、家の外にあるトイレに続く排水管側から行います。洗浄機をスタートさせ、排水溝の入り口からゆっくりとノズルを奥へ進めていくのがポイントです。どんどん奥まで進めて行き、排水管から出てくる水がきれいになれば終了です。

それぞれの方法で、試した後は、トイレ側から排水されているかしっかりと確認しましょう。

お手上げ状態の時は、これ!

これまで解説してきた方法を試しても、まったくトイレの流れが改善されず、つまりが取れない時は、専門の業者を呼びましょう。無理して続けているとトイレ自体が破損したり、排水溝のパイプが傷ついたりとあまり良い方向へは進みません。

プロとの業者だと、つまりの原因箇所を特定するファイバースコープなどを持っているので、しっかりと対応してくれます。

まとめ

トイレの水が流れにくくなったら、それはつまりのサインです。しっかりと原因を突き止めて、正しい対処方法を取りましょう。今回、つまり解消法について、説明してきましたが、さまざまな方法があるので、内容が広く浅いものになっています。

そのため、それぞれの方法については、詳しい説明をご参考ください。どの方法でも流れにくくなったトイレのつまりに有効です。

トイレの水が減らないときの対策に関するよくある質問

バケツを使うときのコツを教えてください。

コツとしては、できれば高い所からゆっくりとお湯を流すことです。また、排水口へ直接お湯が流れるようにしたほうがいいです。
バケツの使い方はこちら

ワイヤーブラシを使うときの注意点を教えてください。

ワイヤーブラシを使用する時、汚水が飛び散る可能性がありますので、ビニールシート、雑巾、新聞紙などで養生しましょう。
ワイヤーブラシの使い方はこちら

ラバーカップを使う時のコツを教えてください。

ラバーカップのゴムの部分全部、水に浸かって、ゆっくりとラバーカップを押し込んで、もう押し込めないところまで押したら、勢いをつけてグッと引っ張ります。
ラバーカップの使い方はこちら

液体タイプの洗浄剤を使う時の注意点を教えてください。

使用する時は素手で触らないでください。また、絶対に酸性タイプの洗剤と一緒に使わないことを気をつけてください。
洗剤の使い方はこちら

高圧洗浄機を使う時のコツを教えてください。

高圧洗浄機を使用するとき、まず、ハンドルを引いて、トイレつまりを壊してから、ハンドルを押して、砕けた汚物を洗い流すべきです。
高圧洗浄機の使い方はこちら

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!