ブログ

トイレの掃除は定期的にしっかりしているのに、最近、トイレの流れが悪くなったって思っていませんか?それは、排水管のつまりかもしれません。トイレの排水管は通常の方法では、掃除ができないので、日々の汚れがだんだんと蓄積していき、つまりの原因となります。トイレはつまってからでは遅いですが、それでもつまった時はどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、トイレのつまりの中で、特に排水管の汚れの落とし方について、パイプクリーナーを利用した方法について解説していきます。パイプクリーナーにはさまざまな種類がありますので、トイレの状態によって使い分けていきましょう。是非、トイレの定期的な掃除にパイプクリーナーの掃除を加えて、トイレのつまりを予防しましょう。

パイプクリーナーってなに?

パイプクリーナーって呼んで字のごとく、パイプ(排水管)の汚れをきれいにする(クリーナー)ために使うものです。排水管の清掃なので、トイレだけでなく、排水管のあるお風呂や台所、洗面台など、水周りにも利用することができます。

パイプクリーナーの種類

パイプクリーナーといっても、その種類はさまざまです。まず、薬剤によってパイプの汚れを溶かして落とす洗剤タイプ、物理的な圧力(空気圧、水圧)によってパイプの汚れを吹き飛ばす高圧洗浄タイプ、ワイヤーブラシなどで排水管の汚れを擦ってそぎ落とすブラッシングタイプがあります。どのタイプの方法で、トイレのつまりや掃除を行うかは、トイレの状況によってさまざまで、つまりの種類によって使い分けるといいでしょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法

トイレのつまりとパイプクリーナーの洗浄原理

トイレのつまりには、さまざまな要因がありますが、大きな固形物を排水した物理的な問題以外は、日常的に溜まった汚れがつまりの原因となることがほとんどです。反対にそれ以外の理由でトイレのつまりが生じた場合、トイレ自体の故障の可能性が高く、専門の業者を呼びましょう。では、それぞれのパイプクリーナーの原理と洗浄効果を見て行きましょう。

洗浄タイプ

パイプクリーナー用の洗剤には、液体状の溶液が利用されます。洗剤の成分は、主に「酸性洗剤」または「塩素系洗剤・漂白剤」が利用されます。さて、それぞれの洗剤には、溶かすことが出来る汚れが変わってきます。

  • 酸性タイプ

小便の成分には、カルシウムイオンやアンモニアが含まれています。カルシウムイオンは排水管に少しずつ蓄積して、尿石(カルシウムの塊)を作ります。またアンモニアは配管内で黄ばみの原因となり異臭を放ちます。トイレの臭いが臭い場合などは、排水管でアンモニアに付着した微生物が増殖したことに起因してきます。酸性洗剤は、このようなカルシウムやアンモニアを溶かすことにとても優れています。排水管内に溜まった尿石が原因でトイレがつまることも多いため、定期的に行うことがおすすめです。

  • 塩素系洗剤・漂白剤タイプ

このタイプには、「水酸化ナトリウム」や「次亜塩素酸ナトリウム」と言う薬剤が主成分になっている洗剤が多数あります。溶解させられる汚れも多く、大便の残りやトイレットペーパーのかす、髪の毛や小さなゴミなどを、効果的に溶かすことができます。また除菌・殺菌能力に優れているため、黒ずみ、カビ、水垢、細菌など殺すことができます。

  • まぜるな危険

それぞれの洗剤によって落とせる汚れが違うため、同時に使えば効果があると思っている人がいます。酸性洗剤と塩素系・漂白剤は、「絶対にまぜてはいけません」それぞれのボトルには、必ず「まぜるな危険」の文字が印字されています。2つの薬剤が混ざり合うと、人体に猛毒な塩素系ガスが発生します。実際に密閉空間でこのガスを人が吸って命を落とした人がいますので、絶対に止めましょう。

高圧洗浄タイプ

高圧洗浄タイプには主に2つの方法があります。1つ目は、トイレ室内の便器から主に手動で空気圧をかける真空式パイプクリーナータイプで、価格帯としては3,000円前後のものが主流です。

2つ目は、家の屋外からトイレにつながる排水管を水圧で洗浄する高圧洗浄機タイプです。こちらは7,000円~6万円とトイレ機具としては高額な商品です。共に圧力の物理的な力によって、つまりを取り除くことができます。特に水圧を使う高圧洗浄機は機械的に高い圧力をかけるので、つまりと同時に汚れも水圧で吹き飛ばしてきれいにします。

ブラッシングタイプ

ブラッシングタイプは、長いワイヤーの先にブラシが付いた形状のものです。ワイヤーの長さは5m以上のものが売られており、手に届かない箇所の排水管の中をブラシで擦り、汚れを落とすことができます。ワイヤーもしっかりとした硬さと、曲がる柔軟性があるので、曲がった排水管内を上手に進むことができます。

進行先につまりなどがある場合は、ワイヤーを押し込む力で、つまりの原因を壊し、つまった周囲をブラッシングすることで、効率よくつまりを解消することができます。中性洗剤と共に使用すると効率よく、排水管の清掃を行うことができます。ワイヤーの素材によっては、酸性洗剤や塩素系洗剤によってワイヤーを痛めるので、使用方法に注意してください。

トイレのつまりを解消するパイプクリーナーの使い方

3つのタイプのパイプクリーナー、それぞれ使用の方法も異なります。それぞれ状況によって使い分けるようにしましょう。間違った使い方をして失敗すると、トイレ内に汚物が散乱したり、人体に危険があったり、トイレが破損したりと、大問題に発展することがあります。

用意するもの

どのタイプの洗浄方法でも基本的にトイレ掃除で準備するものは一緒です。まず、「バケツ、トイレ用洗剤(中性、酸性、塩素系)、トイレ用ブラシ、新聞紙、ペーパークリーナー」です。次に、自分の身を守るための「ラバー手袋、マスク、エプロン、防護メガネ」を準備しましょう。

一番気をつけていただきたいのは目や口です。塩素系の洗剤などは目に入ると視力が低下したり、失明したりする恐れもあるので、しっかり守るようにしてください。

洗剤による排水管掃除の仕方

洗剤による排水管清掃には、まず、使用する洗剤のボトルに記載されている注意事項をしっかりと読みましょう。基本的にそのまま使用しますが、商品によっては水で薄めてから使用することなどが書かれています。

次にトイレの排水口にある水を可能な限り取り除きます。説明書に従い洗剤を必要な量、トイレにいれます。そのまま30分~1時間程度待ち、薬剤が汚れの原因を溶かしてくれるのを待ちます。最後に、トイレの水を流し、正常に流れればつまりの解消です。

トイレのパイプクリーナーの商品は、汚れをしっかり落とすことを目的に造られているため、薬剤の濃度が濃いのが特徴です。そのため、人体にも悪影響があるので、もし使用中、目に入った時は大量の水で洗い流しましょう。また、使用時には換気をしっかりして、気分が悪くなった場合は、すぐにトイレを出ましょう。

高圧洗浄タイプによる排水管のつまり解消方法

ここではトイレの室内または室外からの排水管清掃の方法について説明しています。

  • トレイ室内からの排水管のつまり解消

トイレ室内からのつまりの解消には、真空式パイプクリーナーを使用します。まず、クリーナーのラバー部分がトイレ便器としっかり密着するようにトイレの排水溝を洗剤とブラシできれいにしましょう。次にラバー部分が浸る程度、水をトイレに入れます。空気漏れのチェックを行ってください。

最後に真空式パイプクリーナーのハンドル部分を手で引っ張り、パイプ内を吸引します。ハンドルを出し入れして、真空圧をかけていくことがポイントです。つまりが解消されれば、ハンドルを引っ張る抵抗力が弱くなるので、感覚的にわかります。

  • 家の外からの排水管のつまり解消

屋外からの排水管清掃には、高圧洗浄機を使用します。排水管の手間から、高圧洗浄を開始してゆっくり奥へ進めていきます。配水管から出てくる水の色を確認しながら、ヘドロ状の液体がきれいになれば奥へ進めていく感じです。

つまった部分まで到達すると、ノズルがそれ以上奥に進まなくなるので、念入りに洗浄しましょう。高圧洗浄機は洗浄力が強いので、進みながらつまりを解消してしまい、気付かない場合もあります。最後に、トイレ側からは排水して、スムーズに水が流れれば終了です。

ブラッシングタイプによる排水管のつまり解消方法

ワイヤーブラシは、トイレの室内でも屋外でもどちらからでも利用できます。5m以上の長いワイヤーブラシも市販されているので、つまっている箇所によって選択する必要があります。極端に短い商品では、つまりの原因までたどり着けない場合は意味がありません。中性洗剤と一緒に使う方が効率的に汚れを除去できます。

先端からゆっくりとワイヤーの先を排水管に入れて行き、曲がった箇所など手探りで進んでいきます。ワイヤーが止まったところにつまりの原因があるので、ワイヤーを出し入れして、つまりの原因を取り除きましょう。

最後のその箇所を念入りに洗浄し、水を排水すれば終了です。ワイヤーブラシだけでは、排水管の洗浄効果が弱いので、酸性または塩素系の薬剤で排水管の汚れを溶かした後に、中性洗剤とワイヤーブラシを行うと効果的です。

まとめ

トイレのつまり解消にパイプクリーナーを使う場合の3つ方法に解説してきました。家のトイレのつまりの原因を考え、適切に使い分けることが大切です。おすすめとしては、まず、酸性または塩素系の洗剤で洗浄を試みて、駄目なら真空式パイプクリーナーを利用することが効果的だと思います。

真空式パイプクリーナーで効果が無ければ、相当、強力なつまりか、排水管の奥で、圧力が上手にかからないことが想定されます。その場合は、専門業者に依頼する方法が、費用が安くなる可能性があるので、比較してみてください。

パイプクリーナーに関するよくある質問

液体タイプの洗浄剤と粉末タイプの洗浄剤の違いを教えてください。

家庭用洗浄剤のなかに最も主流なのが、液体タイプです。定期的に掃除するときや軽い汚れを取り除きには、液体タイプで十分です。
粉末タイプの洗浄剤は、泡の力によって汚れを落とすことができ、業務用としてよく使用されています。粉末タイプの洗浄剤は長期間ストックできるというメリットがあります。
洗浄タイプパイプクリーナーの使い方はこちら

液体タイプの洗浄剤を使う時の注意点を教えてください。

使用する時は素手で触らないでください。また、絶対に酸性タイプの洗剤と一緒に使わないことを気をつけてください。

高圧洗浄パイプクリーナーの価格帯を教えてください。

日本で有名なブランドのケルヒャー、アイリスオーヤマなどの高圧洗浄機の価格帯は1万から数万円台になります。
高圧洗浄パイプクリーナーの使い方はこちら

ワイヤーブラシを使うときの注意点を教えてください。

ワイヤーブラシを使用する時、汚水が飛び散る可能性がありますので、ビニールシート、雑巾、新聞紙などで養生しましょう。
ワイヤーブラシの使い方はこちら

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。