トイレがつまった時の修理方法|自分で対応?プロの業者にお願い?

トイレつまりの修理方法 トイレつまりの直し方

「あれ?トイレに水が溜まってる!」、「便器の水があふれそう」って経験はありませんか。そんな時、あなたならどうやって対応しますか。自分でします?それともプロの業者に修理をお願いしますか?

この記事では、トイレのつまりの原因をしっかりと理解して、自分できるトイレのつまり対処法と、業者に修理をお願いする時の判断について詳しく解説してきます。

自分でトイレのつまりを解消しようとして、かえって悪化するなどのことが無いようにしっかりと確認してください。

トイレのつまりと主な症状と原因

トイレのつまりには、さまざまな原因が考えられます。その原因を知ることで、自分で対処できる場合と業者を呼んだほうが良い場合が違ってきます。では、どのような状態の時は、プロの業者にお願いするか見てみましょう。

水がまったく引かない

この手のつまりには、まずは、自分で解消をチャレンジすることができます。まったく水が排水されない状態で、今にも便器内の水があふれてしまいそうな時です。この時は、便器や排水管のつまりが起こっている可能性が高いです。

このつまりには、自分で対応することができる場合がほとんどです。それでも駄目なら業者にお願いしましょう。

水を流すと水位が上がる

この手のつまりにも、まずは自分でつまりの解消を行ってみましょう。

トイレの便器内や排水管の一部がつまっている状態が考えられます。まだ完全につまっているわけではないので、一時的に水位が上がり、その後、徐々に水が減っていきます。

つまりの初期の可能性が高いので、完全にトイレがつまってしまう前に、まず、自分で対処しましょう。

異音

つまりの始まりです。まずは、自分でつまりの解消を試みて!

水を流すと「ぼこぼこ」と異音がなるケースです。これは排水管内に空気がたまって起こります。たまになら問題ありませんが、頻繁に聞こえるようなら、トイレのつまりのサインの可能性があります。こちらも自分で対処が可能です。

便器内に水が流れない

原因によって、業者にお願いして!

トイレレバーを引いても、便器内に水が流れない場合、また水が少量しか出ない場合があります。そのため水圧が低くなり、排水されないケースです。これはトイレタンクが原因の場合がほとんどです。トイレタンク内の問題について、次のような原因が考えられます。

  • トイレタンクの汚れ
  • トイレタンク内に水かさ上げのペットボトルやレンガなどを入れている
  • トイレタンクの破損

自分でできる対処は、汚れの掃除と、水かさ上げを止めることです。タンクの故障や破損は、専用の工具や部品が必要になるので、業者にお願いした方が早くて修理できます。

自分で出来るトイレのつまりの修理方法

では、自分でできるトイレのつまり修理にはどのような方法があるのでしょうか。つまりの原因と対処方法について合わせて解説していきます。

重曹とお酢

トイレの便器や排水管の清掃に利用できます。重曹とお酢は、スーパーやホームセンターで簡単に手に入り格安なので、とても利用しやすいです。ただ、洗浄力については他の方法に比べて弱いので、つまりの予防や弱いつまりの時に使用します。

使えるつまり:便器や排水管の弱いつまりの解消や予防

使えないつまり:水に溶けない異物、固形物(おもちゃ、スマホ、砂など)、トイレの故障

トイレ用洗剤

市販で手に入るトイレ用洗剤です。重曹やお酢よりも強力に汚れを分解して洗い流してくれます。日々の汚れでトイレがつまった場合に利用しましょう。洗剤のタイプは、「酸性洗剤」と「塩素系・漂白剤」の2種類が利用できます。

つまりの原因が、尿石や黄ばみの場合には「酸性洗剤」を、大便のかすや食べ物の排水でつまった時には「塩素系・漂白剤」を使用します。両方の洗剤を一緒に使ったり、混ぜたりすると、人体に有毒な塩素ガスが発生するのでボトルに記載されている「まぜるな危険」を必ず守りましょう。

使えるつまり:便器や排水管のつまり (完全につまった場合も利用できます)

使えないつまり:水に溶けない異物、固形物(おもちゃ、スマホ、砂など)、トイレの故障

ワイヤーブラシや針金ハンガー

物理的な方法で、つまりを解消するのに役立つのは、ワイヤーブラシがあります。ワイヤーブラシは、3~5mの長いワイヤーの先にブラシが付いたもので、便器の排水口からワイヤーを差し込んで、つまっている箇所を直接ブラッシングします。

似たような方法で、針金ハンガーをペンチなどで切り、伸ばしたものを同じように使用することができます。こちらは長くても1mが限界でしょう。また、ワイヤーブラシよりも硬いので、使いづらい難点があります。

ワイヤーブラシは、形状が柔軟に変るので、トイレの排水溝の複雑な形にも対応することができます。

スッポン、真空式ポンプクリーナー

昔ながらのトイレのつまりを解消する工具に「スッポン」があります。最近では、「ラバーカップ」と言う名称のようですが、こちらも和製英語で海外では通じません。スッポンは、棒の先にゴムの半月状のカップが付いているもので、昔なら一家に1つ置いてありました。

スッポンは、トイレの排水口に押し当て、引っ張ることで、ラバー部分の吸引の力によってつまりを解消します。簡単に作業できるので、つまりが起こった時に初めにチャレンジする人も多いです。

似た商品に真空式ポンプクリーナーがあります。基本的な原理は、スッポンと同じで吸引力の力によって、つまりを解消します。スッポンの取っ手が棒であるのに対して、真空式ポンプクリーナーの本体は、空状の筒になっていて、より吸引力が高くなっています。真空式ポンプクリーナーは、商品によって吸引力に差がありますが、スッポンと比較すると実に510倍以上の高い吸引力があります。

高圧洗浄機

こちらの商品は、主にトイレの排水管の清掃に利用できます。スッポンや真空式ポンプクリーナーとは異なり、水を高い圧力で放出してつまりを吹き飛ばします。よく通販番組で見かけるレンガや外壁を見る見るきれいにするイメージがわかりやすいと思います。

注意することは、高圧洗浄機は室内のトイレ側からは使用しません。トイレの排水口に高い水圧をいきなりかけるとつまりが悪化したり、つまった汚物が飛散したりすることがあります。さらに高い水圧でトイレ自体が破損することもあるので、気をつけましょう。

高圧洗浄機は、家の外の排水管から掃除を行います。排水管用の長いノズルホースを取り付け、排水管の手前から奥に向かい洗浄を開始していきます。排水される水の色がきれいになるまで、ゆっくりと高圧をかけながら進めていくのがコツです。

プロの業者にお願いする時

さて、これまで自分できるつまりの解消方法について説明してきましたが、業者を呼ぶような状態とはどのようなものでしょうか?汚物などを触るのが嫌だ、やり方がまったくわからない場合はもちろん業者にお願いしてください。

ここでは、自分でチャレンジするには難しい場合について、その原因を解説していきます。

トイレの奥に物がつまった

水に溶けない固形物として、スマホやおもちゃ、動物や植物の砂利、生理用品などがつまった場合、自分で処理すると返って、排水管の奥に行って悪化する場合があります。

このような時は、業者を呼んでください。排水管の奥は、せまく、また複雑な形状をしています。つまりが奥の場合、最悪トイレを外してつまりの原因を取り除くこともあります。

トイレの破損

トイレの便器自体が破損しているときは、すぐに業者を呼びましょう。破損の判断としては、トイレのひび割れ、水漏れが起こっているときです。そのままにしておいても自然に解消することはないので、いち早く専門の業者を呼びましょう。

排水管の水漏れ

トイレ自体の破損と同じように排水管が破損していることでトイレがつまる場合があります。排水管がつまると、本来流れる水の流れが変り、排水管の圧力が上がらず、汚物が流れなくなるためにつまります。

さらに排水管の割れが室内に戻ってくると、トイレの床に染み込み、異臭の原因や床が腐敗することもあります。トイレの床が湿っているなどを見つけた時は、見える範囲の水漏れを確認して、水漏れが無ければ排水管が破損している可能性があります。

トイレタンクの故障

最近のトイレは、背部にトイレタンクが無い形状も商品も販売されていますが、現在のご家庭にはトイレタンクが設置されていると思います。トイレタンクの破損では、トイレに水が流れない、流れても勢いが無いなどの症状が見られます。

1つの原因としては、水の節約で、トイレタンクにレンガやペットボトルなどを入れて、トイレタンクの水量を減らしているご家庭があると思います。流す水の量が減れば、水圧が下がり、汚物がしっかりと流れない場合があるので、注意しましょう。

トイレタンク自体の故障では、タンク内の便や浮き、からくり自体が破損していることがあります。トイレが古く老朽化していると排水の動きも悪くなるので、修理が必要です。

失敗しない業者の選び方

自分で解消することができないトイレの問題が発生したら、業者に頼ってください。では、どのくらい費用がかかるのでしょうか?直す箇所にもよりますが、簡単なつまりの解消なら3,000円程度からあります。一方で、トイレの破損や大掛かりな修理には、数万~10万円も必要な場合もあります。

失敗しない業者を選ぶには、まずしっかりと見積もりを取るようにしましょう。簡単なつまりの解消では、見積もり時に一緒に作業を終えてしまうこともあるので、まず、電話で状況を説明して、訪問してもらうのが良いでしょう。

見積もりが高額な場合だけ、作業を保留にして、数社の見積もりを取ることをおすすめします。

まとめ

トイレがつまったらまず、自分でできる範囲から、洗剤や用具を利用してチャレンジしてみましょう。それでも駄目な場合や明らかにトイレや排水管の破損が見られる場合は、すぐに業者を呼びましょう。

トイレは、日々の生活で必ず使用します。修理が遅れればそれだけ大変になります。早めの対応がとても大切です。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレのつまりに関するよくある質問

トイレの横のパイプから水が漏れています。どうしたらいいでしょうか?
トイレの横にあるパイプは、水道水とトイレタンクをつなぐものです。すぐに止水栓を止めましょう。
トイレ便器に流れる水の量が少ないように感じますが、修理を依頼した方が良いですか?
排水後、しばらくしてトイレタンクに水が十分に溜まっていますか?水かさが少ないようなら、トイレタンクが原因です。一方で、タンク内に水がしっかり溜まっているのに便器へ水が流れない時は、排水便の問題があります。どちらも修理が必要なので、自分でできない時は、業者を呼びましょう。
便器が古くヒビがあります。対処方法を教えてください。
トイレのヒビが少しなら、ホームセンターなどで防水用のトイレ用パテが売られています。
トイレをきれいにした後、パテで割れ目を覆えば完成です。一時的な対処方法なので、必要に応じて、便器自体を取り替えましょう。

液体タイプの洗浄剤と粉末タイプの洗浄剤の違いを教えてください。

家庭用洗浄剤のなかに最も主流なのが、液体タイプです。定期的に掃除するときや軽い汚れを取り除きには、液体タイプで十分です。
粉末タイプの洗浄剤は、泡の力によって汚れを落とすことができ、業務用としてよく使用されています。粉末タイプの洗浄剤は長期間ストックできるというメリットがあります。
トイレ用洗浄剤の使い方はこちら

ラバーカップを使う時のコツを教えてください。

ラバーカップのゴムの部分全部、水に浸かって、ゆっくりとラバーカップを押し込んで、もう押し込めないところまで押したら、勢いをつけてグッと引っ張ります。
ラバーカップの使い方はこちら

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!