汚水管・排水桝のトラブルによるトイレつまりの原因と症状

汚水管のトラブルによるトイレつまりの原因と症状 トイレつまりの直し方

突然トイレつまりによるトラブルに見舞われるとパニックを起こしてしまう人も。

トイレつまりには様々な原因がありますが、汚水管によるトラブルも少なくはないのです。汚水管が原因でのトイレつまりとなると、業者に依頼したほうが…と思いがちですが、状況を見て自分でできる解消法もあります。

今回は、汚水管によるトイレつまりの原因や症状、また解消法のやり方をご紹介します。

  • 汚水管によるトイレつまりの原因や症状とは
  • 自分でできる汚水管によるトイレつまりの解消法

汚水管のつまりを自分で解消するとなると、どうやっていいかわからない!という方が多いと思いますが、まず自分で実践してみましょう。原因と症状が分かっていればある程度は自分で解消できるのです。

汚水管によるトイレつまりの原因・症状

汚水管が詰まってしまうと、水が溢れてしまう症状があります。汚水管のつまりによるトラブルの原因は、トイレットペーパーや流せるおしりふき、また流せるトイレクリーナーなどの紙類があります。それに、携帯電話やおもちゃなどの固形物のつまりです。

さらに考えられる原因として、汚水管に何らかのトラブルがある場合です。それと家の外側に設置されている汚水桝(おすいます)とよばれる設備に汚物が詰まっていると考えられます。トイレットペーパーなどの紙類が詰まった場合の解消法は、時間をおいて紙を溶かしたり、ラバーカップ(スッポン)を使って吸い出す方法があります。ですが、汚水桝が原因の場合は、状況に応じて解決策を検討する必要があるのです。

排水桝とは

排水桝(はいすいます)とは、敷地内にある小さめのマンホールのことをいいます。排水桝は汚水桝(おすいます)や下水枡(げすいます)ともいいます。どれも同じ意味で、点検をする際や掃除口の役割です。

この排水桝は、複数の汚水管が合流しているので、下水がつまる原因になるものを分解させる必要がある場所に設置されています。

汚水管がつまることで、せき止められていた汚水が排水桝から溢れ出し、また家屋の水漏れを引き起こすのです。汚水管のつまりの主な原因は、排泄物、木の根、油などが挙げられます。このような汚水管のトラブルをまずは自分で解消してみましょう。

汚水桝のつまりを解消する方法

汚水管や排水桝が原因でトイレつまりが起こった場合の解消法を解説していきます。汚水管のつまりは、悪臭も伴うため換気を十分にしながら作業しましょう。

用意するもの

  • 手袋
  • マスク
  • マイナスドライバー
  • 散水用ホース 
  • 使い古しのスポンジ

汚水桝によるトイレつまりの解消法

汚水桝のトラブルが原因のトイレつまりの直し方の手順をご説明します。

汚水桝を確認する

まず、汚水桝を探します。自宅の敷地と道路の境界線(つまりをおこしている枡ではなく、さらに下流にある枡)を探します。注意点は道路と敷地の境目にある枡の位置がどのような状態になっているか確認することです。探すのは困難ですが、根気強く探しましょう。円筒状の「おすい」と書いているフタを見つけたらマイナスドライバーでフタを開けましょう!汚水が流れている方向を確認します。

汚水桝を掃除する

そして、汚水管を掃除します。長い期間何もしていない汚水枡は、大量の油がしみ込んで硬く固まってしまっています。その場合は、ドライバーなどでそぎ落としていきましょう。園芸用の小さめのスコップなどでも作業はしやすいでしょう。そして、汚水管の中を綺麗に洗浄していきます。柔らかいスポンジなどを使って、配管に傷をつけないように擦ります。この作業は、トイレや浴室の配管である『水上』から浄化槽の役割を果たして『水下』の順番に掃除をすると良いでしょう。

汚水桝に水を流す

汚水管の洗浄が終わったら、最後に水を流します。『水上』から『水下』に向けて水を流します。汚水管にたまっている沈殿物は、腐っている事が多く悪臭が発生している場合が多いです。マスクをして作業をすることをおすすめします。また汚水管の臭いは強烈で、服や髪に臭い移りすることがあるので服装は汚れても良い服などで作業をしてください。もし沈殿物が服に付いてしまったときは、部分洗いをしてから洗濯すると臭いが取れるでしょう。

高圧洗浄機で作業する

また、高圧洗浄機での汚水管を洗浄する方法は便利で汚れが簡単に取れることもあって、ホームセンターでも購入できます。しかし、慣れていない方は注意が必要です。高圧洗浄機で汚水や沈殿物を周囲にまき散らしてしまうことがあるので、慎重に作業をしましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

汚水管が原因でのトイレつまりにならないための予防法

排水桝や汚水管の洗浄を、目安として半年に一度くらいのペースで行うと、汚水管のつまりを予防することができます。日々の生活での行動でトイレつまりを回避できるのです。

トイレに流すものは基本、汚物とトイレットペーパーだけにしておけばトイレつまりはまず起こらないでしょう。また、トイレットペーパーは一度に大量に流さないようにしましょう。水に溶けやすいトイレットペーパーを使用することも効果的です。大量のトイレットペーパーを使用する時は、少量に分けて水を流すようにすると、トイレつまりを回避できます。

いかがでしたか?今回は、汚水管によるトイレつまりの原因と症状、また自分できる解消法についてお伝えしました。汚水管によるトイレつまりを引き起こすと、作業がとても大変なのでできればそうならない為にも日頃からの注意が必要です。しかし汚水管によるトイレつまりのトラブルが起こってしまった場合は次のことに気をつけましょう。

  • 汚水管によるトイレのつまりは、住宅の外にある汚水桝(おすいます)という設備に汚物が詰まっている可能性が高い。
  • 汚水管を洗浄する際は、正しい汚水桝を探し、探したら手順どおりに洗浄する。
  • 配管を傷つけないように洗浄する。また長年放置している場合、強烈な悪臭が発生する場合が多いのでマスクや汚れても良い服装で作業する。
  • 汚水管によるトイレを引き起こさないために、日ごろの清掃を心掛ける。

トイレの便器の中に大きなものが流れないように、トイレの室内を綺麗に整理整頓しておくこともトイレつまりの予防に繋がります。毎日使うトイレだからこそ、清潔で綺麗にしておくことが大切です。1か月に1回のペースで、パイプ洗浄剤などを使用することも高い洗浄効果が期待できます。汚水管を定期的に洗浄して、トイレつまりを予防しましょう。

トイレつまりの直し方「完全マニュアル」

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

汚水管・排水桝のトラブルによるトイレつまりに関するよくある質問

排水を掃除する際、最低限に用意するものを教えてください。

スコップ、タオル、ビニール袋を用意するのがおすすめです。
用意する物はこちら

排水枡の掃除のコツを教えてください。

排水枡のふたを開け、スコップを使って、排水枡の中にたまった汚れを取り除きます。取り除いた汚れはビニール袋に入れてください。
排水枡の掃除方法はこちら

排水枡の掃除に関する注意点を教えてください。

排水枡の掃除に悪臭はつきものですから、掃除の際に着た服は、一度水洗いしてから洗濯するようにしてください。直接に洗濯機で洗濯してしまうと、他の服に臭いがつくかもしれません。

排水枡を交換するべき時はいつですか?

排水枡を設置してから長い時間(30年以上)経過している場合は交換したほうが良いでしょう。

排水枡は定期的に掃除する方法を教えてください。

半年に1回程度、排水枡にたまった汚れを取り除きましょう。特に、できれば高圧洗浄機を使用して排水管の奥まで掃除することがおすすめです。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!