トイレタンクに水がたまらない時の原因と直し方

トイレタンクに水がたまらない時の原因と直し方 トイレつまりの直し方

トイレタンクに水がたまらない時の原因と直し方をご紹介します。

トイレを使った後、いくら待ってもトイレのタンクに水が溜まらないときはどうしたらいいのでしょうか?タンクに水が溜まらないと、トイレの水を流すことができないので、トイレを使うことができません。

トイレのタンクの調整や修理と聞くと難しそうなイメージがありますが、タンクのどこに水が溜まらない原因があるのかが分かれば、自分でも対処することができるんです。

横山さん
横山さん

トイレのタンクに水が溜まらない原因ってなんなのかしら?

タンクの仕組みって複雑で、対処するのが難しそう・・・。自分でもできるものなの?

中山くん
中山くん

トイレのタンクの仕組みや部品について理解していれば、タンクの水が溜まらないときも、意外と簡単に直すことができます。

  • トイレタンクのチェック箇所
  • どうやって対処したらいいのか
  • タンクや給水管の破損がないか

トイレのタンクの水が溜まらないときにどこをチェックしたらいいのか、どのように対処したらいいのかをご紹介していきます!

トイレタンクに水がたまらない時の対処法(タンク内)

トイレのタンクに水が溜まらないときには、どのように対処したらいいのでしょうか?タンクの仕組みと部品が分かれば、誰でも対処することができます。

止水栓をチェック

1番初めにチェックしてほしいところは、止水栓です。床や壁とタンクをつないでいる給水管に止水栓があります。止水栓が閉まっていると、水が給水されないため、タンクの水が溜まりません。

また、開度が小さいとゆっくりとしかタンクに水が給水されないため、タンクの水が溜まるのにとても長い時間がかかります。この止水栓はドライバーを使って自分で簡単に調整することができますが、開けすぎると水があふれてしまうこともあるので、タンク内の水位が基準を超えないように注意しながら調整を行いましょう。

掃除のときに止水栓を閉めてそのままにしてしまっていることや、引っ越してきたばかりで止水栓が閉まっているということがあります。この止水栓が閉まっているのにも関わらず、タンクの中の部品などをむやみに触ってしまうと、あとでまたタンクの中の調整をしなければならなくなります。

浮袋が上がっていると給水されない

浮袋はタンクの中の水位を調整する役割があります。

トイレを使用して、タンクの中の水が減ると浮袋も一緒に下がっていき、給水を止めていた栓が開く仕組みになっています。給水されてタンク内の水が増え、浮袋の位置がまた上に戻ってくると、栓が閉まって給水が止まります。この浮袋を支えているアームの角度が上に上がっていて、水が減っても浮袋の位置が上がったままになっている場合や、なにかに引っかかって浮袋が下に下がらなくなっている場合は、給水を止めている栓が開かないので、水が溜まりません。

浮袋の動きを確認し、アームの角度を少し変えてみるか、浮袋が何かに引っかかっていないかどうかや部品の破損がないかをチェックしましょう。

フロートバルブをチェック

タンクの下にあるフロートバルブはタンクの水を溜めるのに重要な役割をしていて、お風呂の栓と同じような役割を果たしています。トイレのレバーを回すとこのフロートバルブが持ち上がって、タンクの中に溜まっていた水が便器に流れて、排泄物やトイレットペーパーを流すことができます。このフロートバルブに何かゴミなどの異物が挟まっていたり、フロートバルブのゴムが劣化・破損して水が漏れていたりすると、タンクの中に水を溜めることができません。隙間から少しずつ水が流れっぱなしの状態になってしまいます。

また、フロートバルブとトイレの水を流すレバーをつなぐチェーンが絡まっていると、タンクの栓をきちんと閉めることができないので、水が溜まりません。

フロートバルブがきちんとタンクの栓の役割を果たしているかどうかをチェックしてみましょう。

フィルターのつまりをチェック

給水する水を綺麗にするためにフィルターがついています。フィルターはタンクの中にあることが多いようですが、トイレの種類によって場所が多少異なるので、説明書で場所を確認をしてください。

フィルターに汚れがつまっていると給水のスピードが遅くなり、タンクの水も溜まりづらくなってしまいます。

フィルターを洗うことで、汚れは簡単に取ることができます。フィルターの汚れが原因で給水が止まってしまうことはほとんどないですが、この汚れは長年放っておくと意外と溜まっていきます。なかなかこの給水フィルターの汚れまでチェックすることは少ないと思いますが、大掃除のときなどに定期的に掃除しておくことをおすすめします。使い古した歯ブラシなどを使用すると綺麗に汚れを取ることができます。

トイレタンクに水がたまらない時の対処法(タンク外)

タンクの中をチェックして、どこも問題がなかった場合には、部品が破損していることや、そもそも給水がされていないことも考えられます。

タンクや給水管の破損

タンクに衝撃を加えたり、長く使っているとタンク自体が破損して水が漏れている可能性も考えられます。タンクや給水管の破損は自分では修理できないので、専門の業者に修理を依頼しましょう。

タンクや給水管の破損による水漏れはアパートやマンションなどの集合住宅だと、大きなトラブルを引き起こしかねません。早めに対処する必要があります。

給水停止の可能性

自然災害による断水、工事による断水など、給水そのものが停止している可能性もあります。また、水道料金の払い忘れで給水が止められている場合もあります。何か思い当たることはないか、まずは考えてみましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

タンクに水が溜まらない原因は

横山さん
横山さん

タンクに水が溜まらない原因は、色々なことが考えられるんですね。これなら自分でもできそうなので、やってみようかしら。

中村くん
中村くん

タンクの仕組みは意外と単純なので、仕組みやパーツの名前が分かれば、自分で原因を調べることができます。

  • 止水栓が閉まっていないか確認
  • 浮袋が正しい位置にあるか確認
  • フロートバルブの状態をチェック
  • タンクや給水管、物品が破損していないか
  • 給水されているかを確認

部品が破損している場合は、自分で新しい部品購入を

トイレのタンクの仕組みや水が溜まらない原因、対処法は分かりましたか?タンクの部品の破損はホームセンターやインターネットで部品を購入する必要があるので、すぐに直したい・ホームセンターなどお店が開いていないという場合には、専門の業者に依頼する必要があります。また、タンクや給水管などが破損してしまっている場合には自分修理することができないので、早めに修理の依頼をしましょう。

自信がないときは専門の業者へ

自分でタンクの調整や修理をやってみてできたときは達成感がありますが、自分でやってみてやっぱり難しそうだと感じた人は、無理に色々触ると状況が悪化してしまう場合もあるので、気軽に専門の業者に相談してみましょう。

タンクに水が溜まらない原因と直し方法に関するよくある質問

タンク内の部品、自分でも交換できますか?

フロートバルブ、給水管、ボールタップなどの部品交換の場合は可能ですが、それ以外の部品交換については業者さんに頼まれたほうがおすすめです。

フロートバルブの交換方法を教えてください。

まず、止水栓もしくは元栓を閉めます。タンクの蓋を外して、レバーの先端に付いている金具とフロートバルブのチェーンを外します。フロートバルブを外して取り出して、新しいフロートバルブを取り付けます。
フロートバルブのチェック方法はこちら

タンクに繋がる給水管の交換方法を教えてください。

まず止水栓を閉めましょう。タンクのフタを外して、給水管を取り外します。取り付けナットはモンキーレンチでタンク側のナットから外してください。そして、パッキンを交換します。最後に、給水管を取り付けます。
給水管のチェック方法はこちら

トイレタンクのフタひび割れ入ってしまった場合はどうしたらいいですか?

軽度のひび割れであれば、陶器用のヒビ割れ補修ボンドを使ってみてください。

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えることや、定期的にトイレの掃除をすること、タンク内の状態をチェックすることなどで、異常が早期発見ができますので、トイレ詰まりの予防に効果的です。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!