トイレに物を落とした時の対処法~流せる物・流せない物・回収法

トイレに物を落とした時の対処法~流せる物・流せない物・回収法 トイレつまりの直し方

トイレにスマホを落として困った経験をされた人はどれくらいいるでしょうか?スマホだけでなく、財布を落としてしまう場合もあります。すぐに取り出せれば良いですが、最悪の場合流れてしまっている場合もあります。

  • トイレに流して良いものとは
  • トイレに落としてしまった物を取る方法
  • トイレに落としたものが取れない時の対処法

トイレには、流しても良いものと悪いものがあります。たまたま物を落とした場合でも、すぐに対処しないとトイレが壊れる原因となってしまいます。今回は、トイレに物を落としてしまった場合の対処法をご紹介します。

トイレに流して良いものとは

トイレに流して良いものは、「排泄物」と「トイレットペーパー」、「水」の3つです。他には、水に流せるお掃除シートなどトイレに流れやすいように対応はしています。しかし、トイレットペーパーに比べて水に溶けにくいので、つまりの原因となってしまいます。基本的には、トイレに流すことができるのは、排泄物とトイレットペーパー、水の3つであることを覚えておきましょう。

それ以外のものをトイレに流すと、始めのうちは流れてますが、少しずつパイプ内でつまる原因となってしまいます。余計な物を流していると、後で高額な修理費用がかかる場合があります。

トイレに落としてしまった物を取る方法

トイレにものを落としてしまった場合の方法は、下水道に流れないように対応しなくてはいけません。トイレに落としてものが下水道に流れてしまっては、取り出すことが不可能となってしまいます。トイレ内に落としたものがすぐに見える場合には良いですが、そうでない場合には、排水枡を遮ることが必要です。

排水枡を遮ります

排水枡とは、敷地内にある小さいマンホールのことを指します。排水枡は、点検をする際や掃除口の役割をしています。排水枡から先は、下水になってしまうので、最後の砦となっています。マンションの場合は、わかりにくい位置にあったり、マンホールを開ける場合があります。排水枡の位置を確認するようにしましょう。

まずは、排水枡を遮りこれ以上先に進まないように対処しましょう!

止水栓を閉めます

これ以上水が流れてトイレに落としたものが流れないようにします。止水栓の閉め方は、マイナスドライバーを使用します。必ず右回しに回して水を止めてください。水を止める際にも、何回回して水を止めることが出来たか覚えておいてください。トイレに落ちたものを取り出した後に、同じ回数回すことにより、適切な時間でタンクに水が貯まるようになります。

マイナスドライバーがない場合には、コインで代用することが出来ます。

手を入れて取り出してみる

排水枡と止水栓で水を止めたらゴム手袋をして、手を入れてものが落ちていないか確認を行います。水を流していない場合には、排水口の手前で留まっている場合が多いです。トイレの手前にない場合は、手をさらに奥に入れてみて、落としたものがあるかどうか確認を行なってください。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレに落としたものが取れない時の対処法

今まで紹介した方法を試してみても落としたものが取れない場合があります。そのような場合には、以下の方法を試してください。

  1. ラバーカップ(スッポン)を使用してみる。
  2. 通水テストを行う。
  3. 排水枡を再度確認してみる。
  4. 業者に修理を依頼する。

ラバーカップを使用する

ラバーカップの使い方説明図

トイレにものを落としたとわかっている場合には、ラバーカップを使用するとさらに奥へ送ってしまい、取り出すのが困難になってしまいます。他にも、硬いものを落とした場合には、ラバーカップを使用することにより、便器や排水口を破損させる原因にもなるので注意が必要となります。

ラバーカップでトイレつまりを直す|スッポンの正しい使い方
ラバーカップでトイレつまりを直し方とスッポンの正しい使い方をご紹介します。ラバーカップはスッポンという愛称でも呼ばれ、親しまれています。ですが、ラバーカップの正しい使い方はあまり知られていません。正しい使い方をしないと、かえってトイレのつまりを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

通水テストを行なってみる

2人いないと行うことが出来ませんが、トイレの中に、ピンポン球程度に丸めたトイレットペーパーを入れます。7つ程度作成して、トイレを流します。もう1人が排水枡を丸めたトイレットペーパーが流れてくるのかを確認します。

2〜3回行なってみて通水するようであれば、通水テストは問題ありません。

排水枡を再確認する

通水テストをしても、落としたものがトイレ内に見つからない場合は、これから排水枡にゆっくりと流れてくる場合やどこかに引っかかっている場合があります。しばらく水を流しておきましょう。ゆっくりと流れてくる場合には、しばらく水を流すことで早く排水枡に送ることが出来ます。どこかに引っかかっている場合は、運よく一緒に流れてくれれば良いですが、あまり期待しないでください。業者に修理を依頼することをおすすめします。

汚水管・排水桝のトラブルによるトイレつまりの原因と症状
汚水管によるトイレつまりの原因や症状、また解消法のやり方をご紹介。トイレつまりには様々な原因がありますが、汚水管によるトラブルも少なくはないのです。汚水管が原因でのトイレつまりとなると、業者に依頼したほうが…と思いがちですが、状況を見て自分でできる解消法もあります。

業者に依頼をする

通水テストをして通水していることが確認できても、実際には、トイレの中に落としてしまったものがつまっている場合があります。そのような場合には、深刻なトイレつまりにならないうちにトイレのつまりを修理する必要があります。

トイレのつまりの修理を依頼する業者を選ぶ際は、水道局に認定されている水道会社がおすすめです。水道局に認定されているので、安心して作業を依頼することが出来ますし、アフターフォローもしっかりしています。万が一、修理をしていて違うトラブルが発生した時にも柔軟に対応してくれる業者が多いです。毎日使うトイレなので、きちんとした業者に依頼をしましょう!

トイレに物を落とした場合のまとめ

トイレは、水に溶けやすいもの以外を流してしまうとつまりの原因となってしまい、最悪の場合はトイレを丸々交換することになります。トイレを丸々交換する場合は、かなりの工学の修理費用となってしまいます。最悪の自体にならないように、トイレに物を落とした場合の対処法を覚えておいてください。

  • 見える位置に落ちている場合には、ゴム手袋を付けて取り出す。
  • トイレ内に落としたものが見えない場合は、排水枡を遮る。
  • これ以上流れないように止水栓で水を止める。
  • ゴム手袋を付けて、トイレの奥を探してみる。
  • ラバーカップを使用してみる。
  • 通水テストを行う。
  • 業者に修理を依頼する。

トイレは毎日使用する場所なので、ものを落とす場合も多いです。万が一ものを落としても大丈夫なように対処法を知っておくと良いでしょう。日頃の予防として、トイレを整理整頓したり、フタを閉めるように意識しましょう!

トイレつまりの直し方「完全マニュアル」

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレに物を落とした場合に関するよくある質問

ラバーカップを使う時のコツを教えてください。

ラバーカップのゴムの部分全部、水に浸かって、ゆっくりとラバーカップを押し込んで、もう押し込めないところまで押したら、勢いをつけてグッと引っ張ります。
ラバーカップの使い方はこちら

ラバーカップは和式トイレに使えますか?

ラバーカップは3種類があります。それぞれ和式用・洋式用・節水型トイレ用です。しっかり区別して購入するようにしてください。

ラバーカップ以外におすすめの道具ありますか?

固形物は比較的浅い場所にある場合はマジックハンドもおすすめです。

排水枡を掃除する時に用意するものを教えてください。

スコップ、タオル、ビニール袋を用意するのがおすすめです。

排水枡の掃除方法を教えてください。

排水枡のふたを開け、スコップを使って、排水枡の中にたまった汚れを取り除きます。取り除いた汚れはビニール袋に入れてください。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!