トイレの止水栓からぽたぽた|止め方・直し方手順

トイレの止水栓からぽたぽた水が漏れるときの解消 トイレつまりの直し方

トイレのトラブルで多いのがつまりです。水が流れない、ちょろちょろしか水が出ない、トイレから水が溢れそう、水漏れなど、トイレには水のトラブルが付き物です

 特にトイレの水が止まらす、便器から溢れてくるような状態や、水漏れで床がびしょびしょになっているような時には、すぐに水を止める必要があります。

 その時、水を停めるのが止水栓です。この記事では、トイレのトラブルとして、水漏れや水が溢れるような事態に対応する方法についてご紹介します。トイレのトラブルは急にやってきますので、初めに知っておくことで、いざと言う時に素早く対処できます。

止水栓とは?

止水栓は、トイレタンクと水道とをつなぐ器具で、いざと言う時に水道の流れを止める栓です。止水栓の場所は、ほとんどのトイレで背部か側面の壁からパイプによってつながれています。

止水栓の役割

止水栓には大きく2つの役割があります。

  • 1つ目は、トイレの水のトラブルの時に一時的に水を止めること

トイレの水が止まらない、水が溢れるなどのトラブル時には、すぐに水を止める必要があります。その時、止水栓を閉めることで水を止め、トラブル解消を行います。

  • 2つ目は、トイレタンクに貯める水の勢いを調整すること

トイレタンクに溜まった水は、トイレを使った後に洗い流す水として利用されます。トイレタンクが空になると、連続してトイレを流すことができません。タンクに貯める水は、止水栓で水量を調整することができます。タンクに早く水を貯めたいときは、止水栓の栓を開くことで水量が増え、時間が短くなります。

止水栓のトラブル

止水栓自体が破損することがあり、次のような状態になることがあります。

  • ぽたぽたと床に水が落ちる

止水栓のトラブルで一番良くあるケースです。止水栓の部品が緩まる、壊れるといった状態で少量の水がぽたぽたと床に落ち続けます。床が湿っている場合に多く見られます。そのままにしておくと、床にカビや菌が繁殖するだけで無く、床が腐り落ちてしまうこともあります。気が付いたときにすぐに対処しましょう。

  • 止水栓の部分から水が噴出す

完全に止水栓が壊れた状態です。勢い良く水がトイレ全体に噴出すこともあります。止水栓を閉めることで解消すればいいですが、解消しない場合は、家の大元の水道栓を閉める必要があります。すぐに対処しなければなりません。

  • トイレタンクへの水の供給が止まらない

トイレタンクへの水の供給が止まらないときは、ほとんどがタンクの部品の故障です。そのため、トイレタンクを修理する必要があるので、止水栓で水を一時的に止めましょう。

  • トイレにずっと水が流れ続ける。

トイレ便器に流れる水が止まらないトラブルも多く見られ、トイレタンクが原因の場合がほとんどです。この場合、トイレタンクを点検、修理する必要があるので、一時的に止水栓を閉じましょう。

止水栓の停め方

トイレの水のトラブルとして、水が止まらないような事態が発生したら、止水栓を停める必要があります。では、どうやったらよいのでしょうか?

必要な工具

止水栓には、手動で回せるコックが付いたタイプと、ドライバーで回すタイプの2種類がありますが、多くは、ドライバータイプのようです。ほとんどの止水栓では、マイナスのドライバーで回すタイプになるので、用意しましょう。

もし、マイナスのドライバーが無い場合、止水栓の形状にもよりますが、コインや10円硬貨とペンチで代用することがあります。このほかにも役立つ用具として、「バケツ」「モンキーレンチ」「雑巾」などがあると便利でしょう。

止水栓を閉じる方法

止水栓の止め方は、簡単です。マイナスドライバーを栓にあて、「右回転」で動かなくなるまで閉めれば、OKです。

止水栓が古くなると腐食することで、堅く回せない場合があります。そのような時は、水栓ドライバーのような商品があります。また、大き目のドライバーとゴム手袋を使うと力が入りやすいので回すことが出来る時があります。

止水栓がどうしても止められない時の対処方法

どうしても止水栓が回らず、または回しても水漏れが止まらない時は、家の水道の元栓を閉じましょう。ただ、注意したいのは、水道の元栓がトイレだけなく、家の洗面台、台所、風呂などすべての水道が止まることです。水道を使用している時は、家族全員、水の使用を止めるように声かけしましょう。

  • 戸建ての場合

水道の元栓は通常、家の外にあります。敷地内の裏手にあることがほとんどです。蓋を開け、レバーを回して元栓を閉じましょう。

  • マンションや賃貸の場合

マンションや賃貸の場合、玄関横にある箱に集約されている場合がほとんどです。扉を開け、水道のレバーを回して、水を止めることができます。ただ、ガスの元栓なども一緒にあることがありますので、水道の元栓か確認して閉じましょう。

賃貸物件でトイレが詰まったら料金はどうなる?

賃貸のトイレがつまった時の対処方法|自分で対応?不動産に連絡?
賃貸で借りている部屋のトイレがつまって困った経験ってありますか?基本的には、不動産、大家さん、プロの清掃業者に連絡することになりますが、さて、どう判断したら良いでしょうか。この記事では、賃貸を借りている方、トイレがつまった時の対処方法をご紹介します。

止水栓の交換と費用

止水栓を止めるといった簡単な作業ならば自分で行えますが、止水栓が劣化し、壊れている場合、素人が修理するには少し難しいと思います。ここでは、交換のために業者を呼ぶ判断とその費用について解説していきます。

すぐに元栓を閉じよう

止水栓が破損して、水が噴出しているような状態では、まず、タオルなどを止水栓に巻き、水の勢いを止めましょう。その後、止水栓を閉じて様子を見ますが、それでも水の勢いが止まらない場合は、水道の元栓を止める以外の方法はありません。

確認する箇所

止水栓の故障にはさまざまな原因があり、11つ確認してきます。自分で修理できるのであれば良いですが、基本的に業者に依頼した方が無難です。

  • ナットのゆるみ

ナットをモンキーレンチ等で締めることで改善することがあります。

  • パッキンの劣化

パッキンの交換によって改善することがあります。

  • 金属部分の劣化

止水栓自体を交換する必要があります。

  • パイプの劣化

パイプ自体を交換する必要があります。

止水栓の修理費用

では、業者に依頼した場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?修理する内容によって異なり、以下にまとめてみました。また、自分で修理する時の材料代について調べてみましたので、比較してください。

業者にお願いする場合の修繕費用

  • 止水栓パッキン交換 : 8,000 ~ 10,000
  • 止水栓交換 : 12,000 ~ 25,000

自分で修理する時の材料代

  • 止水栓パッキン : 100 ~ 1,000
  • 止水栓本体 : 1,000 ~ 5,000
  • 止水栓パイプ:1,000 ~ 5,000

もし自分で修理できるなら、部品費用はかなり安いことが解ります。

止水栓の開け方

止水栓の修理も終えても、油断は禁物です。実際に水道水を流すまで本当に直っているか変らないからです。

元栓から開けよう

止水栓の修理をするために家の元栓を閉じた時は、止水栓はしっかりと閉じ、元栓から開けましょう。元栓の開ける時は、閉めた時と同じだけ開ける様にすると、以前と変らない水量になります。元栓を開けた状態で、止水栓の漏れを確認しましょう。

止水栓から開けよう

元栓が開き、水漏れが無い様なら、止水栓をゆっくり開けます。トイレの水を排水した後にトイレタンクに流れる水の量を見ながら調整するのが良いでしょう。

タンクレストイレの場合は、止水栓を少し開けてから、トイレの排水を行い、トイレに流れる水の量を確認して、水量を調整するのが良いでしょう。

まとめ

トイレの水漏れは、気が付かない場合がほとんどで、気が付いた時は、床が水満たし、床が腐っているということもあります。築年数がたっている家では同然、止水栓も劣化して壊れることがあります。止水栓が破裂して水が噴出すといったトラブルが無いように、たまには止水栓をみることが大切です。

止水栓の故障は、ほとんどの場合、自分では直せませんので、すぐに水を止めてから、専門業者に修理を依頼しましょう。

トイレつまりの直し方(完全版)|症状や原因別の自力修理法
トイレつまりの直し方を症状や原因別にご紹介します。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。トイレつまりは、原因や症状によって対応が異なります。症状から原因をしっかりと見極めて、その原因を取り除く、解消法をきちんと頭に入れて実践することが大切です。

トイレ止水栓に関するよくある質問 

止水栓が見当たりません。どうしたらいいでしょうか?
止水栓は、トイレの裏側(背部)にあります。もし見つからなければ、家の水道水の元栓を閉めましょう。
止水栓の停め方はこちら
止水栓を開ける時、どうしたらいいですか?
止水栓は開けすぎると水圧が高くなります。閉めた時と同じくらい開けるのがいいでしょう。
止水栓を開けても水が流れません。どうしたらいいでしょうか?
家の外にある水道水の元栓が開いているか確認します。開いているのに、水が出ない場合は、止水栓以外の問題です。改善しないようなら、業者を呼びましょう。
業者にお願いするとき、見積もりは必要ですか?
必ず取るようにすると安心できます。トイレのつまりはすぐに直したいと思いますが、後で高額な見積もりが来ては大変です。業者とのトラブルの原因にもなりますので、見積もりは取りましょう。
業者にトイレの交換が必要と言われました。どうしたらいいでしょうか?
信頼できる業者なら、そのままお願いしましょう。ただ、知らない業者では悪徳な場合もあるので、数社に聞くのが良いと思います。トイレが壊れて使えない時間が長くなりますが、即決しない方が良いでしょう。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
今すぐできる応急処置をお伝えします!
今すぐ電話で応急処置を訊く!